小砂 ともしび歌集 小砂

おけら バラライカ 若人 どん底 カチューシャ 矢沢歌集 ともしび 千曲集 歌集別目次 とっぷ

■■日本の歌■■ 希望 若者たち 君の祖国(くに)を
竹田の子守唄 翼をください 愛に生き平和に生きる 戦争を知らない子供たち
なごり雪 空よ 遠い世界に 夜明けのうた
バラが咲いた 俺らの空は鉄板だ 死んだ男の残したものは 友よ(岩谷)
さとうきび畑 白い想い出 戦争は知らない 街(高石)
白いブランコ 友よ(岡林) 切手のないおくりもの 今!今!今!
岬めぐり 神田川 青春時代 青葉城恋唄
案山子(かかし) 四季の歌 贈る言葉 愛する人に歌わせないで
誰もいない海 星に祈りを 遠くへ行きたい
この広い野原いっぱい あの素晴らしい愛をもう一度 今日の日はさようなら pagetop
涙くんさよなら 見上げてごらん夜の星を 上を向いて歩こう 学生時代
卒業写真 (すばる) いい日旅立ち 島唄
乾杯 風になりたい 時代 Tomorrow
(喜納) いつかある日 山小舎の灯 シーハイルの歌
岳人のうた 坊がつる讃歌 スキーの歌 山男の唄
北国の春 川の流れのように 知床旅情 北帰行
高校三年生 北上夜曲 ゴンドラの唄 琵琶湖周航の歌
喜びも悲しみも幾歳月 下町の太陽 長崎の鐘 あざみの歌
惜別のうた 鈴懸(すずかけ)の径 おさななじみ 青い山脈
忘れな草をあなたに リンゴの唄 銀色の道 pagetop
ここに幸あり 新雪 かあさんの歌 みかんの花咲く丘
影を慕いて 蘇州夜曲 さくら貝の歌 一本の鉛筆
出船 波浮の港 (二部) 初恋
雪の降る街を 遙かな友に この道 夏の思い出
ペチカ 箱根八里 椰子の実 花の街
浜千鳥 待ちぼうけ 浜辺のうた 叱られて
故郷(文部唱歌) 早春賦 中国地方の子守歌 砂山
荒城の月 月の沙漠 夏は夾ぬ おぼろ月夜
七つの子 里の秋 たきび 冬景色
紅葉(もみじ) 赤蜻蛉(とんぼ) 小さい秋みつけた pagetop
北風小僧の寒太郎 手のひらを太陽に 小さな木の実
犬のおまわりさん 森のくまさん おもちゃのチャチャチャ 南の島のハメハメハ大王
おもいでのアルバム 友だちはいいもんだ 歌え子どもたち 気球にのってどこまでも
小さな世界 うたえバンバン さんぽ ・グリーン・グリーン
はじめの一歩 クラリネットをこわしちゃった にんげんっていいな ふるさと(岡田)
さくらんぼ(岡田) お父帰れや 大きなうた 俺は枕木
俺たちのシルクロード いぬふぐり どこまでも幸せ求めて かたくりの花・君のこと
私の子どもたちへ 広場とぼく等と青空と 死んだ女の子 祖国の山河に
芭蕉布 あかつきの空に 母なる故郷 二十歳(はたち
そんな町を ヒロシマの有る国で 青い空は pagetop
心のうた にのしま「似島」 原爆を許すまじ わが大地のうた
ほたる わたぼこの中に咲いた花 手のひらの歌 折り鶴
ありふれた人生 たんぽぽ わらぐつの歌 桑ばたけ
陽気に生きようこの人生をさ ぼくのひこうき 青春
あなたが夜明けをつげる子… みんなのうた ぞうれっしゃよはしれ 雲が人々を殺さぬよう
野に咲く花のように タンポポ てのうた 心はいつも夜明けだ
芝浦 仲間のうた 沖縄を返せ 里子にやられたおけい
しあわせの歌 素晴らしき明日のために この勝利ひびけとどろけ すかんぽによせて
世界をつなげ花の輪に たたかいの中に 花をおくろう わが母のうた
星よお前は がんばろう 町から村から工場から pagetop
三池の主婦の子守唄 組曲「地底の歌」 晴れた五月 闘ってこそ明日はある
民族独立行動隊の歌 赤旗 一坪たりとも渡すまい そーらん節
最上川舟歌 弥三郎節 酒屋唄 南部牛追い唄
外山節 花笠音頭 斉太郎節 会津磐梯山
壁塗り甚句 佐渡おけさ 武田節 こきりこ
木曽節 貝殻節 音戸の船歌 黒田節
刈干し切唄 島原の子守唄 五木の子守唄 おてもやん
てぃんさぐぬ花 安里屋ユンタ ■■アジアの歌■■ アリラン
ほうせん花 ウリナラコ(私達の花) トラジ リムジンガン
朝露 畠へ行こう 作業場の休憩 pagetop
ノドルの川辺 平壌は心のふるさと 黄金のリンゴの木を植えた 海の歌
美しきわが故郷 祖国(朝鮮) わがふるさと 草原情歌
馬車夫の歌 花あそび(封花) 熟れた葡萄 まつり花
私を叱らないでママ 私のインドネシア かわいいあの娘 サリナンデ
ブンガワン・ソロ 羊かいの娘 ■■ロシアの歌■■ アムール川の波
灯(ともしび) 囚人の歌 ロシア私の故郷 川岸のベンチで
行商人 トロイカ カリンカ 心さわぐ青春の歌
仕事の歌 ステンカ・ラージン 広きドニェープルの嵐 われらの仲間
黒い瞳の 山のロザリア ワーシャ・ワシリョーク 春に
丸顔の娘 エルベ河 pagetop
トロイカ(原曲) カチューシャ すずらん リラの花
鐘の音は単調に鳴り響く 郵便馬車の馭者だった頃 なつかしきヴォルガ 果てもなき荒野原
二つの岸 収穫の歌 泉のほとり ウラルのグミの木
バルカンの星の下に 小さいグミの木 ペトルスとマルーシャ モスクワ郊外の夕べ
樫の樹 十八才 淋しい手風琴 赤いサラファン
一週間 満州の丘に立ちて 道(ロシア曲) ロシアの草原
街のざわめきも聞こえず ロマンス 美わし春の花よ どん底の歌
船のり リンゴの花咲く頃 スリコ コザックは口笛を吹いて
コサックの子守歌 コムソモールの歌 小川の向こう岸 バイカル湖のほとり
私の恋人 波止場の夜 小麦色の娘 pagetop
お前を待っている ポリュシカポーレ 仕事の歌(原曲) 私を責めないで
百万本のバラ 暗い夜 おおカリーナの花が咲く 小さい部屋
私の焚火 ヴォルガの舟唄 漁夫の歌 ごきげんよう
ボートの上で 窓辺に散るチェリョームハ 森の楓 古きぼだい樹
聖なる湖バイカル ウチョース(巌) 夕べの集い コザックの悲歌
燃えろペチカ シベリア大地の歌 ヴォルガからドンヘ ジグーリ
黄金の小麦 遥か彼方 呼応計画の歌 ざわめけバイカル
全世界民主青年歌 落ちた指輪 野こえ山こえ 前線にも春が来た
同志よ固く結べ 憎しみのるつぼ 風よ歌え 雪白く
ワルシャワ労働歌 祖国の歌 国際学生連盟の歌 同志は倒れぬ
■■ヨーロッパの歌■■ ビヤ樽ポルカ 乾杯の歌 pagetop
埴生の宿 リヒテンシュタイナーポルカ 野ばら 希望のささやき
アンニーローリー 旅愁 ダンカン・グレイ 故郷を離るる歌
ロンドンデリーエア 故郷の廃家 スコットランドの釣鐘草 別れ
久しき昔 庭の千草(二部) かなわぬ恋 ローレライ
ピクニック グリーンスリーブス 菩提樹 歌のつばさに
フィンランディア いってしまった小鳥 シュワジュベチカ 白いばら
ロヴィッチの娘 ククウェチカ おいらは百姓の次男坊 ヘイ!ヤシネック
おおブレネリ ルッツエルンからヴェッギスへ おお牧場はみどり 村の娘
追憶 ファニタ 百姓娘 家路
私達のブカレストにて シャロームの歌 ドナ・ドナ pagetop
私の愛した街 ラ・マルセーユズ インターナショナル 山の大尉
さらば恋人よ しゃれこうべの歌 アバンティポポロ 女心の歌
儚い愛の誓い ラルゴ 嘆きのセレナーデ 恋の悩み知る君は
恋はやさし野辺の花よ 真実(まこと)の愛 ソルベーグの歌 プロヴァンスの海へ
ブラームスの子守歌 もう飛ぶまいぞ モーツアルトの子守歌  
■■シャンソンなど■■ ヒロシマ パリ野郎 インシャラー
聞かせてよ愛の言葉を ラストダンスは私と 枯葉 兵隊が戦争に行く時
夜明けに 詩人の魂 オー・シャンゼリゼ カナダ旅行
コメディアン ろくでなし バラはあこがれ サ・セ・パリ
バラ色の人生 花まつり パリの屋根の下で pagetop
五月の恋人 さくらんぼの実る頃 ラスト・ワルツ ラ・セーヌ
サン・トワ・マミー 小雨降る路 河はよんでいる ロマンス
フルーツサラダのうた 愛の讃歌 リリー・マルレーン 幸せを売る男
ラ・メール 私の回転木馬 谷間に三つの鐘がなる 故郷の山
すみれの花咲く頃 パリのお嬢さん パリ祭 セ・シ・ボン
サンタ・ルチア 山の人気者 ケ・サラ カプリ島
帰れソレントへ ラ・スパニョーラ チリビリビン 海に来たれ
ラ・ノビア ナポリは恋人 オー・ソレ・ミオ マンマ
フニクリフニクラ 遙かなるサンタ・ルチア 夢見る想い 忘れな草
アル・ディ・ラ ハイリリ・ハイロー 小さな喫茶店 pagetop
恋心 悲しき天使 スワニー エターナリー
ただ一度の賜り物 チムチムチェリー マイ・ウエイ サウンド・オブ・サイレンス
夜明けまで踊りたい エーデル・ワイス ドレミの歌 レット・イット・ビー
オールマン・リバー ラブ・ミー・テンダー サンライズ・サンセット サマー・タイム
■■アメリカの歌■■ 罪つくり ポー・ボーイ みんなで刈りとろう
牧師と奴隷 ジョン・ブラウン ディープ・リヴァー オールド・ブッラク・ジョー
ハンマーの歌 おおスザンナ 草競馬 冬の星座
スワニー河 峠の我が家 カウボーイの夢 線路の仕事(歌)
なつかしのチゾルム街道 アルプス一万尺 雪山讃歌 モッキンバード・ヒル
思い出のグリーングラス 大きな古時計 私に人生といえるものが… pagetop
谷間の灯 レッドリバーの谷 一人の手 戦争はもういやだ
花はどこへ行った 勝利を我等に 500マイル Take me home Country Roads
橋を創ったのはこの俺だ 風に吹かれて なつかしき愛の歌 懐かしのヴァージニア
夢路より ■■中南米の歌■■ 時計 灰色の瞳
おいで一緒に 平和に生きる権利 ある恋の物語 何という胸の痛みだろうか
ベンセレーモス さらばジャマイカ コンドルは飛んでゆく キエン・セラ
シェリート・リンド ラ・クカラチャ グアンタナメラ 淡き灯に
ラ・パロマ カミニート ■■2006年版■■ 赤い花白い花
明日があるさ あの日の授業 雨ふりお月さん
アモールモナムールマイラブ アメイジング・グレイス いい湯だな pagetop
いちご白書をもう一度 異邦人 ヴォラーレ エーデルワイズの歌
想い出の赤いヤッケ 想い出の渚 女ひとり 蛙の笛
学生街の喫茶店 カチューシャの唄 君死にたもうことなかれ 君といつまでも
君をのせて 夾竹桃のうた 黒い瞳(め) 高原列車は行く
故郷の空(麦畑) 秋桜(コスモス) 寒い朝 ジーラ・ジーラ
シクラメンのかほり 島人ぬ宝 シャンテ 城ヶ島の雨
少年時代 白い花の咲く頃 青春は雲の彼方に 世界に一つだけの花
世界は二人のために 千の風になって 大地讃頌 太陽がくれた季節
誰か故郷を想わざる 出発(たびだち)の歌 小さな日記 竹馬の友
地上の星 テネシーワルツ どこかで春が pagetop
汝が友 なため(鉈目) 涙(なだ)そうそう 涙をこえて
ねがいねがい 平城山 ひょっこりひょうたん島 BELIEVE
ふれあい 鉾をおさめて ボンボンキャラメル まっかな秋
まりと殿様 水色のワルツ メケ・メケ もずが枯れ木で
山のけむり 雪山に消えたあいつ 宵待草 我が祖国
私と小鳥と鈴と 童神 457/602=75.4% ver1.80(15/08/06)