何という胸の痛みだろうか 【D】
QUE PENA SIENTE EL ALMA

作詞
作曲
訳詞
ビオレータ・パラ
ビオレータ・パラ
上田 達生


何という胸の痛みだろうか
時は流れて 人は去り行く
  ■自由を求めて さまよいつづけ
  ■野に果てるとも 明日を信じて

何という胸の痛みだろうか
余りにも世界が傷つきすぎた
  ■自由を求めて さまよいつづけ
  ■野に果てるとも 明日を信じて

何という胸の痛みだろうか
けれと私に出来ることは少ない
  ■自由を求めて さまよいつづけ
  ■野に果てるとも 明日を信じて


Click first Click again

新おけら歌集(04/07/19) / 楽譜:bunbun(2014/08)

■南米チリを代表するフォルクローレ歌手ビオレータ・パラ=PARRA SANDOVAL VIOLETAの作品。50年間の彼女の歌はチリそのものと言っても過言ではありません。フォルクローレとはビオレータ・パラのために存在した形式です。