二つの岸 【Gm】
別名:二つの岸辺/両岸

作詞
作曲
訳詞
G・ポジェニャーン
A・エシパーィ
橋本 馨

1: 雨に泣いてる 夜の河
一人 わたしは 幸いを
心に秘めて 佇(たたず)めど
■あなたは 河の向こう岸

3: 涙であけた 朝の月
むなしく 私を待たせてる
つれない 川の岸の道
■あなたは 河の向こう岸

2: 風とたわむれ 走る波
手を取り合って 流れゆく
けれど私は ただ一人
■あなたは 河の向こう岸

▼訳詞:楽団カチューシャ(題名:両岸)
1: 夜の雨は 晴れ渡り
何をささやく 露草よ
■二人は愛し 待ちながら
■河をへだてた 両岸か

3: 夜はやがて 明けるのに
あなた一人を 待ちわびる
■二人は愛し 待ちながら
■河をへだてた 両岸か

2: 友はいつも 二人連れ
私はいつも 只ひとり
■二人は愛し 待ちながら
■河をへだてた 両岸か




新おけら歌集(03/06/20) / うたごえツアーin東京(03/05)
楽譜:ビーさん(2004/12)

■2003年5月24−25日、東京にて「うたごえ喫茶」ツァーをやった際、国分寺の歌う会で初耳の曲。「家路」でもリクエストで歌いました。この曲はうたごえ愛唱歌集にも無く、エーちゃんがUPしてたのを「きき耳コピー」をしたものです。(泣); 
    2003/06/16 bunbun
■ロシア民謡・歌曲を歌う「女声合唱団チャイカ」の中島章利さんから訂正のメールをいただきました。中島さんには、いろいろと質問したりと、日頃からお世話になっている方です。ロシア民謡にかけては、ぴかいちの情報通です。以下はチャイカのページからの引用です。
■この曲は、1959(昭和34)年の映画『渇き』の音楽です。役中人物のマーシャが歌う曲。中島さんのの手許の楽譜には「マーシャの歌」となっている。「二つの岸」のタイトルで一部に流布しているようですが、ここでは歌詞の内容からも、映画のシーン、シチュエーションからも、『(川の)両岸』と訳した方が原意をよりよく表すと考えます。 私は川のこちらに、貴方は向こうに、の意です。(深い意味があることはチャイカHPを参照のこと) 
    2012/06/01 bunbun