街のざわめきも聞こえず【D】
別名:囚人の歌

作詞
作曲
編曲
ロシア民謡
合唱団白樺
サカロフ


音もなく 更けて行く
牢屋に 死を待ちて
  ■闇を漏る月影 夜半にただ青く
  ■闇を漏る月影 夜半にただ青く
●……以下、■部は繰り返し……
そよぐ風さえ 寒く
春の日も 待たず
  ■明日は命消ゆる われら若き友

むごき苔に せかれ
悩む ひとびとに
  ■尽くす若き心 今もなお絶えず

待てる 老いたる母
残る 新妻よ
  ■明日はわれ帰らず さらばいざさらば



新おけら歌集(07/05/21)千曲集 / 楽譜:ビーさん(07/07-09/08)

■時は日露戦争の頃、革命運動の最中に捕らえられた若者の心を歌った曲。
 場所はエルミタージュ美術館で有名なサントペテルブルグ(旧レニングラード)のネヴァ河のほとりに建つペトロ・パブロフスカヤ・クレポスチ(要塞監獄)。この地は、10月革命の発祥の地でもある。