小砂  おけら歌集(歌詞ま−わ)  小砂

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 み行 む行 め行 も行 や行 ゆ行 よ行 ら行 わ行 おけら歌集
頁=おけら歌集/=曲UP済/=新曲/=歌詞/楽譜工事中/楽譜率=58.2%

No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 マーチング・マーチ 阪田 寛夫 服部 公一 マーチったら チッタカタァ
2 マイ・ウェイ J・ルボー C・フランコス やがて私もこの世を去るだろ
3 MY SONG 濱  裕子 園田 鉄美 忘れられない歌がある
4 マイムマイム 志村 建世 イスラエル民謡 さばくの真ん中 不思議
5 マウイ・ワルツ 永田 哲夫 灰田 勝彦 夏が来れば思い出す
6 マギー若き日の歌を G・ジョンソン バターフィールド いにしえの春よ マギー
7 牧場の朝 杉村楚人冠 船橋 栄吉 ただ一面に 立ちこめた
8 牧場の恋 宮沢 勝之 宮沢 勝之 春の野原にそよぐ風よ
9 まきばのこうし 小林 純一 川口  晃 牛の子どもが まきばに
10 牧場の小道 チェコ民謡 チェコ民謡 牧場に沿いて辿る
11 牧場の羊の歌 西條 八十 中山 晋平 牧場の柵に 春の日に
12 真実(まこと)の愛 W・Chezy F・Kucken いかで君と 別れゆかん
13 真白き富士の根 三角錫子 インガルス 真白き富士の根
14 またあえる日まで 北川 悠仁 北川 悠仁 青い空白い雲 勇気を
15 またくるあしたを 窪田  聡 窪田  聡 いくさは終わった 爆音は
16 まち(北市) 藤原  博 北市 数幸 街にそよぐ風に 心惹か
17 (高石) 高石ともや 高石ともや 下駄の音 路地裏通り
18 山ノ木竹志 たかだりゅうじ 風よ 道ゆく風よ どこから
19 町から村から工場から 国鉄詩人編 坂井 照子 町から村から工場から
20 街のざわめきも聞こえず ロシア民謡 ロシア民謡 音もなく 更けて行く
21 街のはずれまで 佐々木 昌 佐々木 昌 愛するもののためなら
22 街は大きくなり過ぎた 寺島 尚彦 寺島 尚彦 靴下を脱いで 確かめて
23 街は天国に近くなった 門倉さとし すずききよし むかし 街には太陽が
24 街を甦らせたもの 藤本  洋 林  学 死に絶えた この街で
25 まちんと 松谷みよ子 高岡 良樹 まちんと まちんと
26 まっかな秋 薩摩  忠 小林 秀雄 真っ赤だな 真っ赤だな
27 真赤な太陽 吉岡  冶 原  信夫 まっかに燃えた 太陽だから
28 真っ赤な花はみんなの… 橋本 輝雄 荒木  栄 花が咲いたぞ 俺の心に
29 待っててね 武鹿 悦子 小村三千三 待っててね 待っててね
30 松電バスのうた 作者不詳 作者不詳 北アルプスを背に受けて
31 まつぼっくり 田中 忠正 橋本 國彦 ぽっくりぽっくり 松ぼくり
32 まつぼっくり 広田 孝夫 小林つや江 まつぼっくりが あったとさ
33 まつり きたがわてつ 山本さとし 男たちの夢を織り込んで
34 まつり 後藤悦治郎 後藤悦治郎 夕日は遠くに落ちて
35 まつり花 中国民謡 中国民謡 この白い花を 小篭に
36 待つわ 岡村 孝子 岡村 孝子 かわいいふりして
37 窓辺に散るチェリョームハ ロシア民謡 ロシア民謡 窓辺ゆれるチェリョームハ
38 マドロスの歌 P・パレ G・V・パリ 夕闇に歌う 水夫
39 まま子 中島 光一 中島 光一 とっても小さな つぶらな
40 ままごと 作者不詳 作者不詳 ままごとしましょ 仲良く
41 ママのおなかで 松本みどり 松本 恭輔 表は吹雪 荒れてるけれど
42 ママのおひざ 坂口  淳 平岡 照章 ママのおひざは よいおひざ
43 ママのひとりごと 桜田しづえ 川津 恒一 小さなあなたが生れた
44 豆まき 作者不詳 作者不詳 おにはそと ふくはうち
45 守れホッパー 井手 信義 荒木  栄 みなぎる憎しみ 炎とも
46 まやかし ST・ばらやど すずききよし おまえは その心を旅に
47 真夜中のギター 吉岡  治 河村 利夫 街のどこかに 淋しがりや屋
48 マライカ アフリカ民謡 アフリカ民謡 マライカ ナ クペンダ
49 マリアーナ ヘルヴィチア民謡 ヘルヴィチア民謡 ほら ほらもう真夜中
50 マリア・マリ V・ルッソ E・カプア 窓をひらきて わが歌
51 毬藻の唄 岩瀬ひろし 八州 秀章 水面をわたる 風さみし
52 丸顔の娘 カチューシャ ロシア民謡 白くて丸顔可愛い娘
53 マルセリーノの唄 飯塚  広 P・ソロサバル 夢見よ マルセリーノ
54 マルチュクギタラかなでりゃ ドブロヌラボフ A・パフムトワ 無事な生活求めぬ
55 まわそう機械を 作者不詳 荒木  栄 仕事したいよ 糸取りた
56 まわれ ひまわり ビクトル・ハラ ビクトル・ハラ くるくる回れ 【まわれ】
57 満月の夜に 木村 次郎 丸山 亜季 満月の夜に 海を行け
58 マンコロの歌 三浦 朗生 三浦 朗生 さぁーて 皆さんこんにち
59 満州の丘に立ちて マシストフ シャトローフ しずかに霧は流れ
No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 見上げてごらん夜の星を 永  六輔 いずみたく 見上げてごらん夜の星を
2 三池で燃やした火を燃やせ 花田 克己 荒木  栄 ヤッケの色は薄れてきた
3 三池の主婦の子守唄 荒木  栄 荒木  栄 雨の降る夜は辛かろね
4 ミイ・シイ(秋の新北風) 森田ヤエ子 荒木  栄 ミイシイ
5 みかんの花咲く丘 加藤 省吾 海沼  実 みかんの花が 咲いている
6 みかん畑で 小林 幹治 ポーランド民謡 川の音に みかんが
7 右と左のマーチ 伊藤アキラ 小林 亜星 手を振って 手を振って
8 美樹のうた 門倉さとし 合唱団美樹 美しいもの それは青空
9 岬めぐり 山上 路夫 山本 コータロー あなたがいつか 話して
10 水あそび 東  くめ 滝 廉太郎 水をたくさん くんできて
11 水色のワルツ 藤浦  洸 高木 東六 君に逢う うれしさの
12 水の歌 山上 茂典 山上 茂典 めぐりめぐる 水は旅人
13 みそ汁の詩(うた) 石黒真知子 林   学 今夜は豆腐の味噌汁を
14 みそ汁の唄 板倉 弘之 鎌田 一平 山の仕事は つらいけど
15 (イスラエル曲) イスラエル民謡 イスラエル民謡 白い道細い道 長く続く道
16 (ロシア曲) オシャーニン ノヴィコフ おお道よ 立つほこり
17 みち 井上かおる 鈴木 洋幸 道は続く 果てなく続く
18 道程(みちのり) 門倉さとし 藤村記一郎 果てしない迷路に似た
19 道を行く ドゥーヂン S・セドイ 道遠し我が友 愉快に
20 三つの民謡 ハイネ メンデルスゾーン 手に手ををとりあい
21 三つの目標 すずききよし すずききよし 明るい希望と 未来の夢と
22 みつばちぶんぶん 小林 純一 細谷 一郎 みつばち ぶんぶん なぜ
23 みどり 田畑つる子 小林 康浩 みどり みどり みどり
24 みどりの風 小森 香子 林  彰雄 緑の風よ 革新の
25 緑の子馬が生まれたら 畑  正憲 後藤悦治郎 緑の小馬が 生まれたら
26 緑の里 妹尾 良治 妹尾 良治 光と 草と水の匂いの
27 緑の山河 原  泰子 小杉 誠治   戦争(たたかい)越えて
28 緑のダムを作ろう つかだひろお つかだひろお 緑のダムを作ろう
29 みどりの中で 秋田大「黒い瞳」 秋田大「黒い瞳」 はるかに広がる大空と
30 みどりのふるさと 佐藤  清 佐藤  清 さようなら ふるさと
31 南の島のハメハメハ大王 伊藤アキラ 森田 公一 南の島の大王は その名も
32 南ベトナムからの手紙 門倉さとし 寺原 伸夫 母さん母さん 元気ですか
33 ミネトンカの湖畔 アメリカ民謡 アメリカ民謡 懐かし月影 汝がよき
34 未来へ 玉城 千春 玉城 千春 ほら 足元を見てごらん
35 未来をかけて 斉藤 清巳 斉藤 清巳 辛い差別は オレ達だけ
36 民衆の歌 A・ブーブリル シェーンベルク 闘う者の歌が聞こえるか
37 民族独立行動隊の歌 きしあきら 岡田 和夫 民族の自由を守れ
38 民族独立の行進 作者不詳 作者不詳 山並みに雪覆い 海に
39 みんな一緒に ボリビア曲 ボリビア曲 長い道のりを 歩き続ける
40 みんなが笑う日まで 名古屋青年会 林   学 一人の悲しみ 皆の悲しみ
41 みんな元気か 山ノ木竹志 たかだりゅうじ みんな!元気か
42 みんな大好き 二本松はじめ 二本松はじめ 青い空が好き好き
43 みんな太陽 はたけやまはるき はたけやまはるき 淋しくたって 悲しくたって
44 みんな疲れて 下飯坂蘭馬 藤家 虹二 わたしは 疲れたロバだ
45 みんなで歌える前に 後藤悦治郎 後藤悦治郎 僕ら生きていること 二人
46 みんなで歌おう 鈴木 英夫 稲葉  武 みんなそろって歌いましょう
47 みんなでうたおう 斎藤 俊宏 斎藤 俊宏 この青空の下で
48 みんなで刈りとろう 黒人霊歌 黒人霊歌 みんなで刈りとろう この秋の
49 みんなで声上げNo… 園田 鉄美 園田 鉄美 私の願いは まだ届いて
50 みんなでつくろう 山上 路夫 いずみたく 幸せつくろう 幸せつくろう
51 みんなでみんなで敵をうて 三池労組詩G 三池労組詩G 鉄のスクラム炎のスクラム
52 みんなともだち 中川ひろたか 中川ひろたか みんな ともだち ずっと
53 みんなニコニコ 三鉱労組子供会 三鉱労組子供会 とうちゃんかあちゃんピケに
54 みんなのうた 原田 義雄 原田 義雄 ひとりの歌も歌ってきたさ  
55 みんなの心にとどくよう 平野 延保 平野 延保 仕事に疲れたら思い切って
56 みんなのなかへ 小森 香子 中田 喜直 心安らぐ朝がほしい
57 みんなの指で字をかこう 岩田  宏 林  光 光と雲に ころされた
58 みんなは夜明けをまっている 豊田 光雄 豊田 光雄 皆は夜明けを夜明けを待っ
59 みんな光って生きている 永井 和子 神野 和博 青い空を映しているから
60 みんな緑がすきだから 石原いっき 藤原 富枝 空も大地もちいさな花も
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 昔ながらに イサコフスキー ドウナエフスキー 陽は明けて 陽は暮れ
2 むかしばなし 岡本 敏明 フランス曲 爺さん山に 婆さん川へ
3 麦踏みながら 関根利根雄 玉利  明 山ふところの 段々畑
4 むぎわらぎく スンガエフスキー A・ズエフ ふるさとの むぎわらぎく
5 無限大のかなたへ 作者不詳 作者不詳 今僕らは 暗闇の中で
6 虫になりても すずききよし すずききよし 冷たい夜更けの 窓の外
7 虫の声 文部唱歌 文部唱歌 あれ、松蟲が鳴いてゐる
8 むしば 関根 栄一 磯部  淑 むし歯のむしにも 歯があって
9 娘さん ポーランド民謡 ポーランド民謡 森へ行きましょう 娘さん
10 娘たちの合唱 プーシキン チャイコフスキー 美し娘ら 仲よし友だち
11 むすんでひらいて 作者不詳 ルソー むすんで ひらいて 手を
12 空しく老いぬ スウェーデン民謡 スウェーデン民謡 日毎磯に 沖見る嫗
13 胸いっぱいに 石黒真知子 原田 義雄 花が咲いたよ 小さな庭に
14 村がみえる ロシア民謡 ロシア民謡 隣り合わせの 二つの村
15 村の婚礼 ゼデルマン ゼデルマン 光さやかに ふりそそぎ
16 村のハンの木 ロシア民謡 ロシア民謡 私の村の小さなハンの木
17 村の娘 イタリア民謡 イタリア民謡 あけゆく山々を 黄金色
18 村人の合唱 スタソフ ボロディン 嵐は近づけり 憤れる鬼か
19 村祭り ドイツ民謡 ドイツ民謡 今日はたのしい村祭り
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 めぐりあい 笠木  透 田口 正和 来たこともない町に来て
2 めだかのがっこう 茶木  滋 中田 喜直 めだかの学校は 川のなか
3 めだかの兄妹 荒木とよひさ 三木たかし すずめの兄妹が 電線で
4 メノコ・ユーカラ 近藤鏡二郎 アイヌ民謡 アイオ ロロオ アイオロ
5 メリーウィドウ・ワルツ F・レハール F・レハール 陽気に 歌をうたわん
6 メリーさんの羊 高田三九三 アメリカ民謡 メリーさんのひつじ メェメェ
7 メルツェルさん 作者不詳 ベートーベン タタタタタ メルツェルさん
8 面会の唄 村上 邦治 兼永 史郎 もうすぐ雪が降る
9 めんこい仔馬 サトウハチロー 仁木他喜雄 ぬれた仔馬の たてがみを
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 もういやだ フォスター 高橋 信夫 暮らし淋しい その数々
2 燃えろペチカ ロシア民謡 ロシア民謡 雪が降る夜なかも
3 燃えろ・燃えろ 杉本 修蔵 杉本 修蔵 燃えろ、燃えろ火のように
4 ・もぐらのぼうや 大澤功一郎 西崎嘉太郎 もぐらもっくら 土の中
5 もし君が 河内 英孝 白井 貞信 もし君が 一人きりで生きて
6 モシコフスキーのセレ… 松本あづさ モシコフスキー 窓辺に立ちて 君をば慕い
7 もしも明日が 荒木とよひさ 三木たかし もしも、あしたが晴れならば
8 もしもあなたが フィンランド民謡 フィンランド民謡 もしも あなたの悩みが
9 もしも君が すずききよし すずききよし もしも君が花を愛する人
10 もしも車椅子に翼が… すずききよし すずききよし もしも車椅子に 翼が
11 もしも平和になったら T・コーン・ソン T・コーン・ソン もしも平和になったなら
12 もしもぼくの背中に… 西岡たかし 西岡たかし もしもボクの背中に羽根が
13 もずが枯れ木で サトウハチロー 徳富しげる モズが枯木で鳴いている
14 モスクワ郊外の夕べ ソロビヨフ 合唱団白樺 ざわめきも今は無く
15 モスクワ行進曲 カバレンコフ ブランテル 世界に輝く都 愛する
16 モスクワの街 マトウソフスキー S・セドイ 私のモスクワよ さざめく街よ
17 モスクワをゆけば シェバリコフ ペトロフ どしゃぶりの雨の中
18 もちつき 天野  蝶 一宮 道子 ぺったんこ それぺったんこ
19 もっこ 弘前子守歌 弘前子守歌 ねんねこねんねこ 寝って
20 もったいないサンラップ 関島 純子 笹  黙翔 もったいない もったいない
21 もっと人間らしく生き… 岩田  実 岩田  実 届かぬ愛を 追いかけて
22 本部恋歌 永井 和子 神野 和博 わたしの故郷へ わたしは
23 物語 佐藤  信 林  光 流された血に そそがれた涙
24 紅葉(もみじ) 高野 辰之 岡野 貞一 秋の夕日に 照る山もみじ
25 もみじ 古村徹三 作者不詳 ほんのり赤い もみじの葉
26 紅葉が淵の子守唄 すずききよし すずききよし ねんねんころりよ
27 桃の花 門倉さとし 神野 和博 風の中でツボミが揺れる
28 燃やせ君の青春を 関屋  元 秋元 修司 流れる汗に 青春を
29 燃やせ闘魂 荒木  栄 荒木  栄 もやせもやせ 闘魂もやせ
30 森の歌 ルサーク アロブニコフ おお白樺よ パルチザンの妹
31 森の楓 シェベドフ マカロフ 森にしげる楓 白樺
32 森の教会 作者不詳 ピッツ・W 谷間の森陰の 愛らしい
33 森のくまさん アメリカ民謡 アメリカ民謡 ある日森の中 くまさん
34 森のしげみ L・クマチ ドナエフスキー 森の茂み 霧は流れ
35 森の水車 清水みのる 米山 正夫 緑の森の 彼方から
36 森の冬 アヴガルスキー A・ライチェフ あのせせらぎ 声をひそめ
37 森は生きている 廣渡 常敏 林  光 森は生きている 風だって
38 森はざわめく ウクライナ民謡 ウクライナ民謡 森はざわめく 想いは
39 モルゲンローテ ドイツ民謡 ドイツ民謡 朝霧は晴れて モルゲン
40 モルダウの流れ 野上 彰 スメタナ 水上は 遠くはるか
41 モンテカシノの赤いけし F・コナルスキ 作者不詳 山の上の修道院 そこには
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 やおやさんちのみどり… 朝比奈尚行 松山 祐士 八百屋さんちの みどりちゃん
2 やがてくる日に 山ノ木竹志 たかだりゅうじ やがて来る日に あなたを
3 やきいもグーチーパー 阪田 寛夫 山本 直純 やきいも やきいも おなかが
4 やぎさんゆうびん まどみちお 団 伊玖磨 白やぎさんから お手紙ついた
5 夜勤の歌 長崎センタ合唱団 園田 鉄美 夜勤の夜は ほんとに
6 灼けつく渇きで 金  芝河 安達 元彦 夜明けの 裏通り
7 野菜 北原 白秋 成田 為三 地面の下から ころげ出た
8 やさしいおかあさま 稲穂 雅己 海沼  実 わたしがおねむに なったとき
9 優しい娘 ロシア歌曲 アダム いつも かぜのように笑う
10 やさしさ ドブロンラポフ バフムートワ 木の葉が散る風に
11 弥三郎節 津軽地方民謡 津軽地方民謡 一つァェー 木造新田の
12 椰子の実 島崎 藤村 大中 寅二 名も知らぬ 遠き島より
13 ヤッホッホ夏休み 伊藤アキラ 小林 亜星 こんにちは夏休み さようなら
14 やどり木 イギリス民謡 イギリス民謡 青い森 深い川
15 やなぎ アルフェロフ ポノマレンコ 夕空赤く 川面に映え
16 やなぎ 作者不詳 ハチャトリアン 茂る樫の森かげ 乙女
17 柳の木の下で A・P・カーター A・P・カーター しだれ柳がふるえて 涙が
18 ヤニチェク チェコ民謡 チェコ民謡 ヤニチェク いい子
19 山紫陽花の花 熊沢 和幸 熊沢 和幸 山の中 木陰に咲いた
20 山男の唄 神保 信雄 作者不詳 娘さんよく聞けよ
21 山家育ち 作者不詳 作者不詳 山家育ちの おいらの恋は
22 山がら小僧 松井 英子 すずききよし 山がら小僧が とんで
23 山口さんちのツトムくん みなみらんぼう みなみらんぼう 山口さんちの ツトムくん
24 山こえ野こえ ロシア民謡 ロシア民謡 山こえ野こえ 訪ねて
25 山小屋 ドイツ民謡 ドイツ民謡 山路の雪を はるばる越えて
26 山小舎の灯 米山 正夫 米山 正夫 たそがれの灯は
27 山と仲間 猪谷 守 猪谷 守 今日も日が暮れ 家路
28 山鳥ほろほろ ロシア民謡 ロシア民謡 山鳥ほろほろ 鳴く日暮
29 山に倒れし君 上坂 茂男 ロシア民謡 激しき 雪崩の手に
30 山にはカリーナ ロシア民謡 ロシア民謡 山にはカリーナ 谷には
31 山の一日 山本 学冶 ドイツ学生歌 明るい楽しい 山の一日
32 山の音楽家 水田 詩仙 ドイツ民謡 わたしゃ音楽家 山の小りす
33 山の煙 大倉 芳郎 八洲 秀章 山のけむりの ほのぼのと
34 山の子の歌 坂下 茂巳 坂下 茂巳 歌声があの小道にひびけ
35 山の四季 渡辺 良一 朝比奈英三 吹雪の尾根も 風やみて
36 山の大尉 牧野 文子 イタリア民謡 山の大尉は傷ついた
37 山の端に月の昇る頃 アメリカ民謡 アメリカ民謡 山の端に月は 静かに
38 山のロザリア 丘 灯至夫 ロシア民謡 山の娘ロザリアいつも一人
39 山のワルツ 香山 美子 香山 美子 すてきな 山の幼稚園
40 山は心のふるさと 赤星 正明 赤星 正明 山は山は山は 心の
41 やまびこごっこ おうちやすゆき 若月 明人 やまびこさん やまびこさん
42 山への別れ スイス民謡 スイス民謡 ふるさとの牧場よ
43 山へゆこうバルカンの ミルチェフ ハジェエフ 山へゆこうよ バルカンの
44 山を後に ドイツ民謡 ドイツ民謡 山を後に 若人は帰る
45 山を越え谷渡り エフ・アリモル アトウーロフ 山を越え 谷渡り わが
46 やまぼうしの雨 キーボー 田沼 エグ やまぼうし やまぼうし
47 炭鉱(やま)の子 花田 克己 玉置 俊夫 盤圧耐える カッペの
48 炭鉱(やま)の娘 花田 克巳 玉置 利雄 なんばの音を 子守の唄
49 山をこえて 和田  誠 スイス民謡 なつかしい山々よ 明日
50 やれつらいね ロシア民謡 ロシア民謡 やれ辛いね 国は出でても
51 ヤンカ 白ロシア民謡 白ロシア民謡 ヤンカは丘の上 私は谷底
52 ヤンチャリカ 阿久  悠 小林 亜星 ヤンチャクチャ ボーズ
53 襄陽八景 朝鮮江原道民謡 朝鮮江原道民謡 水は白銀 山むらさきの
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 ユーパイディ 白崎  徹 スイス民謡 山を下る日は トララトラ
2 夕宴 ロシア歌曲 ドナエフスキー 夕べのうたげで 君に抱か
3 勇敢なケシー・ジョー ジョー・ヒル ジョー・ヒル 鉄道止めたぞストライキ
4 勇気ある青春 金沢さんしょ 金沢さんしょ 心開いて 語ってる仲間と
5 勇気あるもの 佐伯 孝夫 吉田  正 この道は長いけど 歩き
6 勇気のうた やなせたかし 藤家 虹二 暑い砂漠に 風が吹き
7 友誼のワルツ 作者不詳 ハチャトリアン 太陽は輝き 森の緑は
8 夕ぐれに ハリフン ハリフン 夕ぐれの窓辺に 君を思え
9 夕ぐれの歌 プロコフィエフ マカーロフ はるかに地平の彼方
10 夕ぐれの歌 チュルキン セドイ 河面に立てる わが労働の街
11 ゆうなの花の咲く頃 島袋サダ子 赤嶺 成輝 ゆうなの花の咲く頃
12 夕張の子 黒坂 正文 黒坂 正文 僕らあの日のこと
13 夕張わがふるさと 夕張市民有志 木下そんき 緑萌えたる夏 黒い水
14 夕日 葛原しげる 室崎 琴月 ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む
15 夕陽にむかって 北大わだち 北大わだち 夕陽に向かって話かけよう
16 夕陽に向かってpartU 金沢大あて 金沢大あて 走ろう 夕陽に向かって
17 夕陽の詩partU 坂本 秀樹 位田 和優 夕陽が沈む 人混みの
18 郵便トロイカは走る ロシア民謡 ロシア民謡 走るトロイカひとつ 雪の
19 郵便馬車の馭者だった頃 ロシア民謡 ロシア民謡 郵便馬車の馭者だった
20 夕べのうたごえ すずききよし すずききよし 苦しい闘いに 二人は離れ
21 夕べの鐘 ロシア民謡 ロシア民謡 夕べの鐘の音 思いを導く
22 夕べの集い クバーラ ボロンスキー 夏の日傾きみんなは
23 夕焼け小焼け 中村 雨紅 草川  信 夕焼小焼で 日が暮れて
24 夕焼け赤い空 中尾 高広 中尾 高広 空に 星が光る頃
25 夕やけのうた 門倉さとし いずみたく 夕焼けを見たら 思い出し
26 ゆうらんバス 小林 純一 中田 喜直 ゆうらんバス 買切りバス
27 (文部唱歌) 作者不詳 作者不詳 雪やこんこ 霰やこんこ
28 ゆきうさぎ 鹿島 鳴秋 弘田龍太郎 赤いおぼんの 雪うさぎ
29 雪がふる 門倉さとし 林  彰雄 雪が降る雪が降る 君の
30 雪がふる 門倉さとし たかひらつぐゆき 雪が降る雪が降る 君の
31 雪が降る 門倉さとし いずみたく 雪が降る雪が降る 君の
32 雪白く ウクライナ民謡 ウクライナ民謡 淡雪白く 野原や森
33 ゆきどけのうた 駒場 紀夫 駒場 紀夫 雪と氷に埋もれた 田圃の
34 雪とこども 小林 純一 ノルウェー曲 ふれふれ雪よ 降り積もれ
35 雪の降る町を 内村 直也 中田 喜直 雪の降る町を雪の降る町
36 雪の降る夜 ロシア民謡 ロシア民謡 雪降る夜は 心こめて
37 雪のペンキやさん 則武 昭彦 安藤  孝 雪のペンキやさんは お空から
38 雪虫 江成 兵衛 吉川 敏男 高く高く 晴れ上がり
39 雪虫の唄 門倉さとし 神野 和博 北国の街の 雪の下で
40 雪山讃歌 モントローズ 西堀栄三郎 雪よ岩よ 我等が宿り
41 雪山に消えたあいつ 沢ノ井千江児 上條たけし 山がいのちと 笑った
42 雪割草 まつばらあまみ 寺沢 伸輔 雪割草は 春を待つ
43 ゆげのあさ まどみちお 宇賀神光利 おはよう おはよう 湯気が
44 行こう青年 オシャーニン ノビコフ 行こう青年 明け行く空に
45 ゆずれない夢 くわはらようこ 園田 鉄美 暗闇の中 胸の奥で
46 ユッカの花 藤井 旦鴨 秋山 千秋 ユッカの花は いつも白く
47 ユニオン列車 アメリカ民謡 アメリカ民謡 ほら見てごらんこっちに
48 指のうた 作者不詳 徳山 寿子 これは わたしの とうさま
49 ユメカシーラ 高石ともや 高石ともや きみは南の 青い海で
50 夢買い 北原 白秋 黒澤 隆朝 ねんねんね山の リスの子は
51 夢で逢いましょう 永 六輔 中村 八大 夢で逢いましょう 夢で
52 夢の子守歌 越谷達之助 越谷達之助 ねんね ほろろん ねんねを
53 夢見る白雪姫 伊藤アキラ 越部 信義 おんなの子はね 夢を見る
54 夢をあきらめないで 岡村 孝子 岡村 孝子 乾いた空に 続く坂道
55 夢をかなえよう 園田 鉄美 園田 鉄美 あなたと私とみんなの暮ら
56 夢を紡ぐもの 荒木  栄 荒木  栄 夢を紡ぐもの
57 夢を見る若者 作者不詳 イワノフ 憧れに満ちて はるか
58 ゆりかご 平井康三郎 平井康三郎 ゆりかごに ゆれて 静かに
59 揺籃(ゆりかご)の歌 北原 白秋 草川  信 揺籃のうたを カナリヤが歌う
60 ゆりかごのそばで 西井 雅司 西井 雅司 ゆりかごの そばで
61 ゆるがぬ幸 イサコフスキー ザハーロフ 夏空に 麦の畑は
62 ゆるしてママ みなみらんぼう みなみらんぼう 野菜を食べなきゃ 駄目だ
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 夜明け・丘・青春 岩手大なかま 岩手大なかま 夜明け前に この丘を
2 夜明けだ 荒木  栄 荒木  栄 友よ 眠りからさめて
3 夜明けに M・ジュラール M・ジュラール 夜明けに 夜明けに
4 夜明けの歌 門倉さとし 寺原 伸夫 若者の情熱あふれる山河
5 夜明けのうた 岩谷 時子 いずみたく 夜明けの歌よわたしの心
6 夜明け前の朝のうた 三多摩青年… 三多摩青年… ゆっくりと夢を見て
7 夜明け前の唄 ピート・シーガー ピート・シーガー 夜明け前の 闇は暗く
8 夜明けまで あて/たるみ あて/たるみ たとえ空が 暗く沈んで
9 宵待草 竹久 夢二 多  忠亮 待てど暮らせど 来ぬ人を
10 陽気な歌 マームリン レービチ 明るい陽気な この歌
11 陽気な収穫 A・バーンズ R・ドラガン 鋤鍬片手に 若者たちが
12 陽気な連中の行進曲 R・クマチ  ドナエフスキー 心軽く朗らかに 町から
13 陽気に生きようこの人生… 宮沢 勝之 宮沢 勝之 やけに寂しそうな顔をしてる
14 陽気に歌えば 小林 幹治 メキシコ民謡 太陽に太陽に 呼びかけて
15 陽気に行こう アメリカ民謡 アメリカ民謡 喜びの朝もある
16 ヨールカ(もみの木) E・クダシュワ E・ベクマン 森で生まれて 森で育ち
17 夜が明けた 岡本 敏明 フランス民謡 コッコケコッコ 夜が明けた
18 よぎしゃ 門倉さとし 神野 和博 あれはよぎしゃの 灯り
19 夜空にひびけ心のうた 小池 重好 小池 重好 星明かりの夜空 君を照ら
20 ヨッコラショ節 ワカ&ビー 佐藤  実 君がぼくにはじめて
21 四つ葉のクローバー R・ロイテル R・ロイテル うららに照る日陰に 百千
22 夜中 勝  承夫 平井康三郎 ろばたで茶がまが ぶくぶく
23 呼びかけあおう 大西  進 大西  進 一人ぼっちじゃない 君も
24 夜ふけの桟橋 グレベンニコフ バフムートワ 波立つ海に 浮かぶ艦
25 甦る明日 岩谷 時子 川口  真 光を探しながら
26 夜に レヴァシエフ ウイトリン 川辺で仔馬は 草を食べ
27 夜の鶯 デリヴィーグ アリャビエフ 夜の鶯 妙なる歌よ
28 よるのうた ドイツ民謡 ドイツ民謡 山の彼方に 夕日隠れて
29 夜の風さわやかに プーシキン グリンカ 夜風さわやかに 流れる
30 夜の調べ 近藤 朔風 グノー あわれゆかしき 歌の調べ
31 夜は暗い ロシア民謡 ロシア民謡 暗闇にまぎれ 隙うかが
32 よるひるガチャンコ おざきまさる おざきまさる おやじは がんこ 手旗は
33 よろこび 森田ヤエ子 荒木  栄 私のよろこび それは一人
34 喜びも悲しみも幾年月 木下 忠司 木下 忠司 おいら岬の 灯台守は
35 四色ポンチョ ユパンキ ユパンキ ポンチョは縦縞の四色
36 四丁目の犬 野口 雨情 本居 長世 一丁目の子供 駈け駈け
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 ライダース・イン・ザ・スカイ 作者不詳 作者不詳 町を離れて 野に山に
2 ラ・ゴロンドリーナ メキシコ民謡 メキシコ民謡 南の国を離れて ツバメは
3 ラスト・ワルツ L・リード B・メイソン はじめてあった時に
4 ラ・スパニョラ スペイン民謡 スペイン民謡 麗しきスパニョラ 花の姿や
5 Love & Peace きむらいずみ きむらいずみ まぶしい朝の光をあびて
6 ラ・マルセーエース R・ド・リル R・ド・リル 起て祖国の子等よ 栄え
7 ラララで歌おう 岩谷 時子 いずみたく 戸を開けて 大声で
8 ランブリン・ボーイ T・パクストン T・パクストン あいつは男 一緒に
No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 リャーナ モルダビア民謡 モルダビア民謡 ぶどうの葉かげにリャーナ
2 離農の歌 森田 正治 森田 正治 人がいなくなった 昨日
3 リムジンガン パクセヨン コ・ジョンハン リムジンガン水清く
4 リャザンのマドンナ ポペレーチヌイ ドルハニヤン 君は立ち上がる 狭霧の
5 琉球の子守歌 沖縄民謡 沖縄民謡 うふむら うどうんなじょう
6 旅愁 犬童 球渓 オードウェイ 更けゆく秋の夜 旅の
7 旅泊 大和田建樹 イギリス民謡 礒の火ほそりて 更くる
8 リラの花 サフローノフ ミリューチン リラの花が 咲いたけど
9 リラの花 F・ロッター F・デーレ プランタン プランタン
10 リリー・マルレーン H・ライプ N・シュルツ いくさに行く前の夜
11 離陸準備完了 大谷大学 歌声とんぼ 飛び立とう朝日に向かって
12 リンゴ追分 小沢不二夫 米山 正夫 リンゴの花びらが 風に
13 りんごと子供 葛原しげる 弘田龍太郎 八百屋のお店で 外見てる
14 りんごとみかん 則武 昭彦 則武 昭彦 りんご ころころ ころころ
15 リンゴの唄 サトーハチロー 万城目 正 赤いリンゴに 口びる
16 林檎の嘆き 鹿島 鳴秋 江澤清太郎 赤いお家の 窓しめて
17 リンゴの花咲く頃 イサコフスキー ブランテル 若葉かおる五月の庭
18 リンゴの花咲く町 小田 健也 山本 直純 リンゴの花 白い花
19 りんごのひとりごと 武内 俊子 河村 光陽 私は真赤な りんごです
20 りんご娘 西村由紀子 杉本 憲一 私の心に見つけたの
21 りんご娘 西村由紀子 松本 恭輔 私の心に見つけたの
22 林道人夫 藤原 和義 藤原 和義 重いつるはし かついで
No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 流刑人の歌 ロシア民謡 ロシア民謡 いまシベリアの空やけて
2 ルチーヌシカ ロシヤ民謡 ロシヤ民謡 燃えるともしびに 瞳をなげて
3 流亡の曲 作者不詳 飯田 三郎 美しい山 なつかしい河
4 瑠璃色のアドリア海 ユーゴ民謡 ユーゴ民謡 遠く離れては いつも歌うよ
5 流浪の民 ロシア歌曲 ボガーエフ 陽の凍るバイカルのほとり
6 ルンバラ 松迫麿貴江 H・ユツボ ルムバラ ルムバラ ルムバ
7 ルンルンは北へ去った ビオレータ・パラ ビオレータ・パラ ルンルンはもういない
No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 レーニンの丘 ドルマトフスキー ミリューチン 我が愛すレーニンの丘
2 レールの音が聞えますか 熊谷 勇二 たかだりゅうじ 流氷寄せる 北の国から
3 歴史の歯車 日福大馬酔木 日福大馬酔木 燃やし続ける 命の炎
4 歴史きり開く労働者 チェコスロバキア歌 チェコスロバキア歌 ひびけ槌音 歴史きり
5 レッツゴーともだち 山元 護久 筒美 京平 この指の先に 集まれ
6 レッドリバーの谷 アメリカ民謡 アメリカ民謡 サボテンの花 さいてる
7 レニングラードの百貨店で ロシア歌曲 ロシア歌曲 あしたの朝 あいましよう
8 レニングラード・ワルツ フォゲルソン フェルケリマン おお素晴らしき 我が街
9 レロン・レロン・シンタ 中山 知子 フィリピン民謡 レロン レロン シンタ
10 れんげ草 安東  久 安東  久 山のふもとの小さな村に
11 連帯性のうた B・ブレヒト H・アイスラー 立て立ち上がれ 連帯こそ
No  曲名 演奏  作詞  作曲  歌い出し
1 老犬トレイ フォスター フォスター 春も過ぎて 秋とならば
2 老人と海 中山 千夏 小室  等 肌を染め上げたのは 太陽と
3 労働者と農民の団結の歌 作者不詳 インドネシア曲 旗をかかげよ 赤き旗
4 労働者はいいぞ 関西合唱団 関西合唱団 労働者はいいぞあったか
5 労働者はまだ 後藤 安男 荒木  栄 夕陽が美しく 街をそめる
6 労働の歌 アゼーフ ストリャール 古い癖 捨てろ捨てろ
7 ローレライ 近藤 朔風 ジルハー なじかは知らねど心わび
8 六月の子守歌 安達あかね 野田 幸嗣 星が一つ 空から落ちて
9 ろくでなし S・アダモ S・アダモ 古い酒場で 沢山飲んだ
10 ロシア ハリトーノフ ムラジェリ モスクワのほとり行けば
11 ロシア人は戦争を望ん… エフトシェンコ コルマノフスキー ロシア人が 戦争を望ん
12 ロシアすばらしき国 オストロフ トウリコフ 我が祖国よ 我がロシア
13 ロシアの曠野 I・ゴーッフ フレンケリ 野よ 広き草原よ月ひかり
14 ロシアの娘 カズミン ザハロフ 誰か朝早く 野原にやって
15 路地裏の旅人 島田つとむ 島田つとむ 小さな街の 路地裏に
16 ロック マイ ソウル 黒人霊歌 黒人霊歌 ロック マイ ソウル
17 ロッホ・ローモンド スコットランド民謡 スコットランド民謡 ここちよき 清らの岸
18 ロビン・アディア スコットランド民謡 スコットランド民謡 きみの去りし この町さびし
19 ロマンス ロシア民謡 ロシア民謡 あの時と同じに 林は
20 ロマンス A・バシス J・コスマ ともよ聞きたまえ この愛の
21 ロンドンデリーエア イギリス民謡 イギリス民謡 我が児よ愛しの汝を
22 ロンドン橋 高田三九三 イギリス民謡 ロンドン橋が おちる
No  曲名 演奏    作詞  作曲  歌い出し
1 ワーシャ・ワシリョーク アルィモフ ノヴィコフ 勇んで戦いに行ったのに
2 わがアコーディオン ドイツ民謡 ドイツ民謡 美しき故郷を いざ讃え
3 若い力 佐伯 孝夫 高田 信一 若い力と感激に燃えよ
4 わがいとしき人 作者不詳 ブランテル 遠き戦地に 出で征く時
5 若い仲間へ 鴉野寒々郎 中沢伸一郎 友よ 俺たちは 野に咲
6 若いふたり 杉本夜詩美 遠藤  実 君には君の 夢があり
7 わがうた シェフチェンコ ウクライナ民謡 我が歌よ故郷の!
8 わが歌 三浦 和夫 L・Spohr いざ我が歌 かけり行け
9 わが歌は民衆の声 サンチェス J・ソーサ 手を貸してくれよ さあ探しに
10 わが想い風になり 木村 次郎 丸山 亜季 故郷の島々 島人の歌声
11 我がキエフ D・ルシェンコ I・シャモー きらめく波に 日は暮れ行く
12 若き親衛隊 ベズィミョンスキー チャイキン 開け行く歴史を 血に
13 若き友よ 及川 恒平 小林 亜星 めぐり来る季節の中で
14 若きパルチザンの歌 フリスト・ボテフ ブルガリア民謡 君はいまバルカンに
15 若き日の夢 堀内 明 ネーゲリ 春の夢はいつか消えぬ
16 若きわれら インド歌曲 インド歌曲 若き我等 いま目覚め
17 わが心高原にあり 作者不詳 イギリス民謡 我が心 高原に 山のかなた
18 わが人生の歌 オクジャワ オクジャワ 初恋は胸ふるえ
19 わが人生のうたごえ喫茶 佐々木 昌 くるいひとし 何が出来ただろう 我が人生
20 わが草原 ロシア民謡 ロシア民謡 緑きよき 我が草原よ
21 我が祖国 すずききよし W・ガスリー この国は君の国 この国は
22 わが大地のうた 笠木  透 田口 正和 から松 こめつが 針葉樹
23 わかっているよ E・マーシャス J・CLAUDRIC 分かっているよ ジュルヴォ
24 わが手の花 与謝野晶子 信時 潔 わが手の花は ひと染めず
25 わが母の歌 森田ヤエ子 荒木  栄 雑草の実が熟れて土深く
26 わが母の教え給いし歌 堀内 敬三 ドボルザーク 母がわたしに この歌を
27 わが故郷は今 すずききよし すずききよし 赤茶けた岩肌が 風に
28 若者たち 藤田 敏雄 佐藤  勝 君の行く道は 果てしなく
29 若者たち(初代) 藤田 敏雄 佐藤  勝 君は若者、君達は汚れ
30 若者とは何だ 門倉さとし りんごっこ 若者とは 何だ!
31 若者とは何だ 門倉さとし 熊谷 賢一 若者とは 何だ!
32 若者なら 宗形 信一 矢沢 正次 若者なら 胸をはって
33 若者のいない暗い村 鎌田 富夫 森本 泰史 そこは荒れ果てた 暗い村
34 若者は旅をつづける 岩谷 時子 いずみたく 君は僕と行こう 知らな
35 若者よ ぬやまひろし 関  忠亮 若者よ 身体を鍛えておけ
36 若者よ今こそ 泉  優二 鈴木  泉 若者よ 今こそ若者で
37 若者よ君こそは 佐々木 昌 佐々木 昌 若者よ君こそは 地球平和
38 若者よ旅に出よう 加藤  茂 ドンベー 霧に包まれた この道
39 わからんちゃん まどみちお 大中  恩 なんにも わからん わからん
40 別れ(ロシア) ベドヌイ W・ブグライ 見送る人の中から
41 別れ ロシア歌曲 作者不詳 ラズルーカ 別れの時
42 別れ(ドイツ) ドイツ民謡 ドイツ民謡 さらばさらば わが友
43 別れ 作者不詳 デ・ポクラス 命令の下に 西へ東へ
44 わかれうた 中島みゆき 中島みゆき 途にたおれて だれかの
45 別れの朝 U・Juergens J・Fuchsberger 別れの朝ふたりは
46 別れの鐘 コロンビア民謡 コロンビア民謡 ああ別れの鐘が いま鳴る
47 若人の歌 マトウゾフスキー ドナエフスキー さわやかな朝風に
48 若人の歌 植村 敏夫 ブルガリア民謡 世界はぼく等のもの
49 若人の歌 岡本 敏明 ドイツ民謡 我が行く道は はるけき
50 若人の行進曲 ロシア民謡 ロシア民謡 ひびけ歌声高らかに
51 鷲の歌 ロシア民謡 ロシア民謡 わが鷲よ 灰色の翼の
52 わしらの歌うは ロシア民謡 ロシア民謡 わしらの歌うは ロシアの
53 忘るな マトウソフスキー ドナエフスキー 忘るな 故郷に 君待つ
54 忘れな草をあなたに 木下龍太郎 江口 浩司 別れても 別れても
55 私が一番きれいだったとき 石垣 りん 小池 重好 私が 一番きれいだった時
56 わたしが死んだら エクアドル曲 関  鑑子 わたしが死んだら
57 私達のブカレストにて 作者不詳 ヴェヌカン 夢は豊かに我等をつつみ
58 私と小鳥と鈴と 金子みすゞ 大西  進 わたしが両手を広げても
59 私に人生といえるものが… アメリカ民謡 アメリカ民謡 私に人生といえるものが
60 私の愛した街 C・P MICHAEL C・P MICHAEL 思い出の中にいつまでも 
61 私の愛する故郷 フォゲリソン S・セドイ 霧は河面に込め 露は下り
62 私のインドネシア イスマイル イスマイル 寄せ返す波豊か
63 私のうたう唄は 御岳座 御岳座 私のうたう唄は 私の唄で
64 私の母さん 林   学 林   学 母さんは働いてる
65 私の回転木馬 コンスタンティン グランズベール グルグルまわる 回転
66 私の恋人 柳澤 竜郎 柳澤 竜郎 どこかに どこかに待って
67 私の孤独 G・ムスタキ G・ムスタキ 長い間一人で 一人っきり
68 私の子どもたちへ 笠木  透 笠木  透 生きている鳥たちが
69 私の好きなこの町 瞳 珠理 高平つぐゆき 夕焼けに染まった 低い屋根
70 私の焚火 ロシア民謡 ロシア民謡 夜霧にまたたき もえる
71 私の願い 岩根 重光 岩根 重光 人が人として 住み続け
72 私のモスクワ アグラリヤン ドナエフスキー 雨の日も雪の日も
73 私は愛す生活を ワンシェンキン コルマノフスキー 我は愛す 我が生活の毎日
74 私は還らずにいられない▲ ロシア歌曲 ブランテル 戦いの苦しさも 雨の降る日
75 渡し場のドゥーニャ ロシア民謡 ロシア民謡 朗らかな娘 ドゥーニャ
76 私は向日葵(ひまわり) すずききよし すずききよし 両手の指を広げて 顔の
77 私はモスクワ郊外を愛す ソビエト歌曲 グランキン 夜のモスクワ郊外 歌う
78 私を叱らないでママ インドネシア民謡 インドネシア民謡 豊かな川の水 山陰の
79 私を責めないで ロシア民謡 ロシア民謡 まことの愛にもえて
80 私を呼んで T・スネージナ T・スネージナ 何も言わないで消えた
81 綿つみの歌 D・フィッシュ D・フィッシュ 昔々 オイラらがガキだった
82 わたぼこの中に咲いた花 千坂 昌代 多泉 和人 夕べ彼と話した工場の塀
83 ワニのゲーナ チモフェーフスキー シャインスキー 雨がジャブジャブ 人が
84 わらいんぼコスモス まどみちお 磯部  俶 コスモス コスモス 笑いんぼ
85 わらぐつの唄 門倉さとし 横山 太郎 藁ぐつは藁ぐつは夜なべ
86 わらぐつの唄 門倉さとし 寺原 伸夫 藁ぐつは藁ぐつは夜なべ
87 わらっているよ 大野 松雄 すずききよし わらっているよ みんな
88 わらの中の七面鳥 アメリカ民謡 アメリカ民謡 さあ大変だ さあ大変だ
89 童神 古謝美佐子 佐原 一哉 天からの恵み 受けて
90 わらぶきの屋根 A・P・カーター A・P・カーター 何故か今夜は 田舎の家を
91 わら焼きのふるさと 門倉さとし 神野 和博 わら焼きの 煙の中を
92 ワルシャワのポロネーズ ポーランド曲 中央合唱団 素晴らしい街 心の街
93 ワルシャワ労働歌 鹿地 亘訳 ロシア歌  暴虐の雲 光をおおい 
94 われら愛す 芳賀秀太郎 西崎嘉太郎 われら愛す 胸迫る熱き
95 われら青春 岩谷 時子 佐藤  勝 君は若者 君こそは
96 我等の天地 アメリカ民謡 アメリカ民謡 山また山なる 西部地方
97 われらのドン サフラーノフ タバチニーコフ 光は丘の 朝霧はらい
98 われらの仲間 D・ドレエバ ブランテル 仲間にはいい娘が
99 我等の町ワルシャワ ポーランド歌曲 グランドスタイン 若々しいワルシャワ
100 我等は勝つ Zilphia Holton他 Zilphia Holton他 We shall overcome
101 われらは歌おう平和を オストローヴィ ムラデリ 世界は歌うよ 数知れぬ歌
102 我らはくじけない 泉  優二 鈴木  泉 我らはくじけない 我らは
103 われら平和のために ジャーロフ トーリコフ 人々よ手を伸べて 平和を
104 我等ゆるがず アメリカ曲 劇団プーク 我等ゆるがず
105 われを待て シーモノフ ブランテル いとしき人よ われを待て
106 ンコシ・シケレリ・アフリカ E・M・ソントンガ E・M・ソントンガ ンコシ シケレリ アフリカ
            ぺーじとっぷ