われを待て【Fm】
+1941年+

作詞
作曲
訳詞
シーモノフ
ブランテル
東大音感研


いとしき人よ われを待て
木の葉散り舞う 秋の日も
風吹く冬も 夏の日も
たたかい終る その日まで
  ■たとえ便りが 来なくても
  ■一人淋しく われを待て





新おけら歌集(17/02/17)心に残るロシア歌謡 / 楽譜:bunbun(2017/02)
yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy+++++yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy+++++