・うたごえ第1部 ・ミニ・コンサート ・うたごえ第3部 ・交流会 in ホテル ・アフター・うたごえ
ver03 ver04 ver05 ver06 ver07 ver08 ver09 ver10 ver11 ver12 ver13 ver14
ver15 ver16 ver17 ver18
深浦のうたごえ

■素晴らしかったミニコンサートが終わって、休憩時間だが、余韻が残っている会場です。いつもだと、CDを並べてのCDサイン会となるのですが、今回はCDは無しとのことで、みなさん残念がっていたようでした。

■休憩は15分間。みなさん、思い思いに、おしゃべりやら、コーヒーやジュース、実行委員手作りのお稲荷などを食べながら、一年ぶりのエールの交換があちこちで見受けられました。
 このページの曲目をクリックすると、その曲のページにつながります。
 お聴きになりましたら、曲目のページを閉じてください。(戻るにしない

■第3部(司会:bunbunとbunママ)■■


第3部オープニング 「深浦の空」
 第3部の司会は初回からズーッとbunbunが引き受けている。まぁー、深浦の深浦による深浦のためのうたごえであるからして、当然と言えば当然だ。今回も強力なる助っ人bunママと一緒だから、まぁー何とかなるべ!

 オープニングは深浦のうたごえ実行委員会が歓迎の歌「深浦の空」をお披露目。この「深浦の空」は第5回(2007年)のゲストで深浦に来てくれたバラライカの南部さんが、サークルおけらの為に創作してくれた歌だ。以来、おけらのテーマソングであります。
ぺーじとっぷ

♪〜若者たち

♪〜君の祖国を

会場の様子1

会場の様子2

会場の様子3

♪〜森のくまさん

♪〜坊がつる讃歌

♪〜何という胸の痛みだろうか

会場の様子4

♪〜夜霧のかなたへ 別れをつげ

第3部伴奏陣
キーボード 長尾 勉さん 亀戸なつかし会(東京都)
アコーディオン 冨永 節子さん うたごえサロン(東京都)
中山裕一郎さん 花見川のうたごえ(千葉県)
デジタルホン 佐藤 実さん 元秋田合唱団(秋田県)
ギター 柏  潤さん 元うたごえ若人(宮城県)
スタッフ
音響 フクロウさん 亀戸なつかし会(東京都)
効果 おっくん さんたま屋(東京都)
録音 ビーさん 元秋田合唱団(秋田県)
撮影 ジャンボさん 長町病院友の会(宮城県)
ぺーじとっぷ


♪〜波止場の夜

♪〜高原列車は行く

♪〜青い山脈

ハーイ!○●は俺たちだよー

ハーイ!▲△は私たちよー1

♪〜心はいつも夜明けだ

♪〜喜びの歌

♪〜青春1

♪〜青春2

♪〜青春3 (無くしたくない この燃え上がる…) 

■歌った曲目■■
1 深浦の空 深浦の実行委   3:37
2 若者たち 2:23
3 君の祖国(くに) 2:35
4 森のくまさん 2:18
5 坊がつる讃歌 3:49
6 何という胸の痛みだろうか 3:05
7 (ともしび) 3:36
8 波止場の夜 3:34
9 青い山脈 2:22
10 高原列車は行く 3:08
11 心はいつも夜明けだ 2:39
12 よろこびの歌 2:04
13 青春 3:39
14 今日の日はさようなら 3:51
ぺーじとっぷ


♪〜いつまでも

♪〜絶えることなく

♪〜友だちでいよう

♪〜今日の日はさようなら

♪〜また あう日まで

♪〜今日の日はさようなら また あう日まで
■感謝をこめて………!■■
 毎年のことですが、深浦のうたごえに参加してくれた方々の「楽しかった!」 「面白かった!」 「来年もまた来たい!」の声で、おけらのみんなが励まされ元気になります。このみなさんの声が、深浦のうたごえの継続の源です。
 いつもの決まり文句ですが、歌うことで、家が建ったり、ラーメンができあがることもないのですが、オラ達、うたごえの仲間は、歌を通してつながりを持つことは出来ます。 みんなで楽しく歌える穏やかな日々が、平和そのものです。うたごえの輪がもっと太く、強く、大きくなっていくように、「深浦のうたごえ」を通して、お手伝いしてゆきたいものです。

今年も「深浦のうたごえ」でたくさんの出逢いと再会がありました。そして、みなさんから、たくさんの感動をいただきました。bunママともども、心から感謝を申し上げます。
 今年は地方紙の「東奥日報」と「陸奥新報」が取材に来てくれました。10月15日の陸奥新報の「あのまちこのまち」の欄に「懐かしの歌声喫茶気分」と題して、大きい写真と記事が掲載されました。また、今回もたくさんの方々から写真やお土産などをいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
●ほんとうに ありがとうございました!
ぺーじとっぷ