イブのブルース【Am】
+すずききよし作品集+

作詞
作曲
すずききよし


暗い街角 たたずむ女ひとり
暗い街角 たたずむ女ひとり
  ■誇りを捨てた 抜け殻ひとり

消えぬ傷痕を 今日も背負いながら
消えぬ傷痕を 今日も背負いながら
  ■戦(いくさ)に奪われた あの人を思う

闇の中で見た かすかな灯りは
闇の中で見た かすかな灯りは
  ■遠い遠い 昔の事だった

暗い街角 たたずむ女ひとり
暗い街角 たたずむ女ひとり
  ■誇りを捨てた 抜け殻ひとり




新おけら歌集(06/08/30) / 楽譜:ビーさん(06/10-13/06)

■神戸や横浜の港町の酒場付近に、深いしわを厚化粧でかくした外国船員相手の売春婦がいます。今はすさみきった彼女らの人生も考えてみると、たとえば、新婚の夫を戦争に奪われ、若くして戦争未亡人になった。間もなく終戦、そして駐留してきた米軍に強姦されて、やけになり売春婦になった………。
 そんな彼女にも、夢を与えてくれた黒人兵がいたけど、朝鮮戦争にいったきり……。オンリーさんから、また街にたつ女に逆戻り………。というようなドラマがあるのです。
ブルースの3行詩の形で作り、もんたよしのりさんがビクターでレコーディングしました。
すずききよしの105曲」(1977)から抜粋