東京の朝の歌【D】

作詞
作曲
訳詞
作者不詳
ブランテル
関  鑑子


東の空は赤く映えて 街の目覚め守る
眠れる窓に 風はそよぎ 朝のあいさつ送る
朝の歌がさわやかに 響くよ
  ■東京 朝日に輝く 東京 光る雲の波間に
  ■緑におう木立ち 心奪われる都
  ●東京 朝日に輝く 東京 光る雲の波間に
  ■緑におう木立ち 明け行く 東京

色鮮やかに花は濡れて 澄み渡る空に映え
夜明けの燕軽く飛び交う 街の広場の目覚め
朝の歌よ 目覚めのざわめきよ
  ■東京 朝日に輝く 東京 明るい子どもの声に
  ■乙女笑顔やさし 目覚めのうたごえ響く
  ●東京 朝日に輝く 東京 光る雲の波間に
  ●緑におう木立ち 明け行く 東京




新おけら歌集(07/06/15)千曲集 / 楽譜:ビーさん(07/08-10)

■1958年、ソビエトの友好親善使節の一人として来日したブランテル氏が、日本のうたごえに贈ってくれた曲。歌詞はその歓迎会にあわせて作られたものである。