誓いの石【Cm】
ZAVETYJ KAMEN

作詞
作曲
訳詞
ジャーロフ
モクローソフ
中央合唱団


冷たき波 荒れ狂う 果てしない黒海よ
最期の水兵 セバストーポリを去る
嵐の中に 波また波 押し寄せる
木の葉のように 船ゆする
■かすむ彼方 丘は消え 船は去り行きぬ
■かすむ彼方 丘は消え 船は去り行きぬ


▼訳詞;合唱団白樺
冷たき波 荒れ狂う はてしない黒海よ
最後の水兵 涙を呑み セバストポーリを離る
遥かにひびく とどろき 港をつつむ炎よ
  ■ナチ迫り 目は曇る 暗闇迫る
  ■ナチ迫り 目は曇る 暗闇迫る

最後の水兵 深傷ふかでこらえ 揺らぐ舟に移る
こわばる手に しかと掴む セバストーポリの石よ
「何故なにゆえ 石の一つも抱かで ここを去るか?」と
  ■細き声途切れさせ 波はどよめきぬ
  ■細き声途切れさせ 波はどよめきぬ

たとえここに 我死すとも 石は永久とわの誓
ロシア人の血汐に染み 熱き思い こもる
再びここに 帰る日 その日を目指し 我が友
  ■我が友よ 守りゆけ 小さき誓を
  ■我が友よ 守りゆけ 小さき誓を

時は移り カモメ群れて よみがえるロシアよ
勝利の日に その名ゆかし セバストーポリの岸辺
誓の石は 帰りぬ 戦士の墓の 傍 かたえ
  ■友よいざ 船出せん 平和の海原
  ■友よいざ 船出せん 平和の海原



■■ 楽譜の続きは、ここばクリックしてください ■■

新おけら歌集(07/01/16)青年歌集6 /楽譜:ビーさん(07/02-09/07)

■第2次世界大戦中ロシア・セバストーポリ港がドイツ軍に奪われたときの、兵士達の千頴を歌ったもの。