ソルモヴォの抒情歌【Dm】
+別名:広いボルガで+

作詞
作曲
訳詞
ドルマドフスキー
モクロウソフ
合唱団白樺

広いヴォルガ波間遠く
誰を呼ぶのか汽笛よ
■あの娘の住む街はずれの
■空は真赤な夕やけ
●…以下■部分は、くりかえし…

夏の夜よ汽笛ひびき
若者はためいきつく
■たぐいのない美しさは
■ソルモヴォの可愛い娘こ)

しゃれた服装(なり)で若い男
娘を訪ねてみたが
■「好きよ」と昨日答えたのに
■今日は顔さえ見せない

朝はあけて工場の門(かど)
娘は男に話す
■二人の恋を書いた本は
■まだどこにもないらしい

月の光そそぐ窓辺
娘は何を読んでる
■あかつきまで窓のあたり
■誰かが忍び歩くよ

広いヴォルガ波間遠く
誰を呼ぶのか汽笛よ
■あの娘の住む街はずれの
■空は真赤な夕やけ

▼広いボルガ  訳詞:森 おくじ(1956)

広いボルガの 河面はるか
汽笛鳴らし 船がゆく
■夕日映えるゴーリキーの街よ
■君はそこに 住んでいる
●…以下■部分は、くりかえし…

夏の夜の 岸辺遠く
さそい度いと 気をもむが
■ソルモヴォに住む 愛しい人
■君は今日も 知らぬ顔


昨日は好きと 答えながら
今日は逢いに 来もしない
■ルバシカ着かえ 君の家に
■来ない訳を 聞きにゆく

朝の工場の 門の前で
会えば君は 言うだろう
■いつも本を 読んでるけど
■二人の事は書いてない と

逢う日忘れ 君は窓辺
本を開き 読みふける
■朝のサイレン 鳴る頃まで
■僕はひとり 窓の下
広いボルガの 河面はるか
汽笛鳴らし 船がゆく
■夕日映えるゴーリキーの街よ
■君はそこに 住んでいる


Click first Click again

■■ 楽譜の続きは、ここばクリックしてください ■■

新おけら歌集(08/03/17-09/07/15)ロシア民謡(飯塚) /
楽譜:ビーさん(08/04-11/02)
ddddddddddddddddddddddd+++++dddddddddddddddddddddddd