不屈の民 【Dm】
別題「アジェンデとともに」

作詞

作曲
訳詞
S・オルテガ
キラパジュン
S・オルテガ
音楽センター

エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド
エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド
エル プエブロ ウニド ハマス セラ ベンシド
マゼランの海風は 草原の嵐こえ
アジェンデと共にゆく 自由と正義に燃え
たたかい起ち上がるこの日 われらの決意固し

アンデスのうたごえは 荒地にこだまして
熱き血は誓う 勝利のあしためざし
たたかい進むわがチリよ われらのゆく手照らす
  ■まもれ祖国 自由と正義
  ■まもれ祖国 自由と正義 …ref…

ララララ……… ララララ………
ララララ……… ララララ………
  ■ララララ……… ララララ………
  ■ララララ……… わが祖国 …ref…

El pueblo unido jamas sera vencido!

El pueblo unido jamas sera vencido!
El pueblo unido jamas sera vencido!

De pie cantar, que vamos a triunfar,
avanzan ya banderas de unidad
y tu vendras marchando junto a mi
y asi veras tu canto y tu bandera florecer.
La luz de un rojo amanecer
anuncia ya la vida que vendra.

De pie marchar, que el pueblo va a triunfar;
sera mejor la vida que vendra,
A conquistar nuestra felicidad
y en su clamor mil voces de combate se alzaran;
diran cancion de libertad.
Con decision la patria vencera.

Y ahora el pueblo que se alza en la lucha
con voz de gigante gritando; adelante!

El pueblo unido jamas sera vencido!
El pueblo unido jamas sera vencido!

La patria esta forjando la unidad;
de norte a sur, se movilizara,
desde el salar ardiente y mineral,
al bosque austral, unidos en la lucha y el trabajo,
iran, la patria cubriran.
Su paso ya anuncia el porvenir.

De pie cantar, el pueblo va a triunfar.
Millones ya imponen la verdad;
de acero son, ardiente batallon,
sus manos van llevando la justicia y la razon.
Mujer, con fuego y con valor
ya estas aqui junto al trabajador.
Y ahora el pueblo que se alza en la lucha
con voz de gigante gritando; adelante!
El pueblo unido jamas sera vencido!
El pueblo unido jamas sera vencido!

(lara lara lara lara lara)
El pueblo unido jamas sera vencido!

(lara lara lara lara lara)
El pueblo unido jamas sera vencido!

(lara lara lara lara lara)
El pueblo unido jamas sera vencido!

(lara lara lara lara lara)
El pueblo unido jamas sera vencido! ...perdiendose


Click first Click again


新おけら歌集(04/11/17) / おやきさんリクエスト(04/03)
楽譜:ビーさん(2004/11)

■この曲は1973年7月、セルヒオ・オルテガによって作られた。現在、F・ジェフスキーの「不屈の民」変奏曲として名をはせている。この変奏曲は、総演奏時間1時間に及ぶピアノ曲なのだそうである。

■この曲の成り立ちをオルテガ本人は次のように解説している。
 1973年7月、ピノチェトの軍事クーデターの少し前、サンチャゴの財務省前広場で一人のストリート・シンガーがチリの革命歌「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido」を歌っているのに出くわした。私は、そのまま広場を通り抜けてしまったが、歌い叫ぶその歌いぶりに、心を動かされた。
 次の日曜日、サンティアゴ郊外にある私の家で食事をするため、2・3人の仲間が集まった。ピアノの前に座ると、すぐに広場で聞いたあの歌を思い出した。その場で全てのメロディを弾ききることが出来た。歌詞もすぐにその上に乗った。歌詞は、仲間の真面目すぎる提案に応じるふりをしたが、何かが起こりそうな風景のままに残しておいた。
 2日後、その曲は超満員の観衆の中、キラバジュンのグループによって演奏された。