ブッヘンワルドの警鐘【Bm】

作詞
作曲
訳詞
ソブロフ
ムラジェリ
関 鑑子
1: 世界の友よ いざ起て
聞けよ 響くあの鐘の音
響き渡る ブッヘンワルド
鐘の音の その響き
地上を泳ぎ回り
待機は呻きに波立つ
世界の友よ 今こそ
■我が手に平和を!
■今こそ起て!
■今こそ 今こそ
■起ち上がれ!

3: 世界の友よ いざ起て
聞けよ 響くあの鐘の音
響き渡る ブッヘンワルド
鐘の音の その響き
地上を泳ぎ回り
待機は呻きに波立つ
世界の友よ 今こそ
■平和を 守りぬけ
■今こそ 今こそ
■起ち上がれ!
●今こそ 我が手に
●永遠(とわ)の平和!
2: 百万人が 焼かれた
生きて焼かれた 犠牲者の
インタナショナルな 隊列
口ぐちに 口ぐちに
吹雪のような響き
烈風のようなうなり
疾風(はやて)のような 原子に
■取り巻かれ
■太平洋
■うめくは うめくは
■太平洋!

▼楽団カチューシャ
1: 鳴り渡る鐘を聞け
遠い世界の人々よ
ブッヘンワルドより響く
鐘の音を 鐘の音を
これぞ犠牲者の声
正義の血の叫び
灰の上に蘇り
立ち上がる 立ち上がる
■再び再び 立ち上がる

3: 鳴り渡る 鐘を聞け
遠い世界の人々よ
ブッヘンワルドより響く
鐘の音を 鐘の音を
大空をふるわせる
鐘の音に応えよ
平和を見つめてゆけ
守り抜け 守り抜け
■平和を平和を 守り抜け

2: 生身を焼き尽くされし
並ぶ幾万の人々
尊き記念の塔は
われわれに 呼びかける
海にとどろく音を
世界の人よ 聞け
原爆の竜巻に
吼え狂う太平洋
■悶える悶える 太平洋



■■ 楽譜の続きは、ここばクリックしてください ■■

新おけら歌集(08/11/15)千曲集 / 楽譜:ビーさん(09/03)
■ブッヘンワルド=「ぶなの森」という意味。アウシュビッツに続く収容所がドイツのワイマールの近くにある。ここでもたくさんの人々が虐殺された。この曲は、太平洋上に再び戦争の暗雲が立ちこめた時、ブッヘンワルドで殺された人々の亡霊が警鐘を鳴らすという内容の歌。

■ナチス・ドイツは、1937年にドイツのブッヘンワルドに強制収容所を作り、各国の共産党員、・自由主義者・ユダヤ人等を押し込め、第二次大戦中に数万人を殺しました。この歌は、全世界に向かって強く呼びかける犠牲者達の血の叫びー平和のための警鐘ーを歌っています。