■■ Update Log 2017 ■■

ドングリ
1月〜6月 7月〜12月
小砂盛トップ

Update Log

   
08/13:
■今日はお墓とお寺におまいりに行く日だ。朝早くシャワーに入って身体を清めた。水ぶくれも治って、久し振りのシャワーとシャボンが気持ちいい。9:30頃、娘1号夫婦と孫ちゃんたちが家に来たので、その足でお墓に向かった。この時間帯に来たのは初めて。けっこうな人出があって墓地もにぎやかだった。ここからお寺に向かうが、お寺は3つとも同じ場所にあるので、車の置き場所が無く、町道に片側駐車。これがまぁーズーーーーっと。オラ達はちょっと離れた空き地に無事停めたけど、お寺の敷地内に墓所がある人は、大変だろうな。しかしすごい人出だ。寺に着くまで随分知り合いに会った。
▲自分ち位牌堂で、南無南無して、知り合いんちの位牌堂で南無南無して、境内の墓地に寄って南無南無して帰ってきた。いつもは、あと1時間くらい後の時間帯なので、こんなに人出が多いのには初めて遭遇した、bunママが言うのは、お盆は待ってるので早くおまいりに行くもんなんだって。勉強になりました。
●孫ちゃん達は、通信簿を見せてくれ、お昼の冷やしうどんを一緒に食べ、従兄弟が来るとかで、2時過ぎには帰りました。来年はユックリしよ。
08/12: ■腕の水ぶくれは、ストロンゲスト軟膏でほとんど直ったが、まだガーゼのお世話になってる。暑いのにシャワーも浴びてないので、頭とかがカイイ。まぁー、から手であちこち触ったオラが一番のおバカなのだが………。
08/10: ■今日は、オラホの町の保健士さんが、オラの検診の結果のために、わざわざ我が家にお出でになるとのことで、多少不安。いつもだと結果は郵送されるのだが、今回はメタボに引っかかったので、役場のホールで面談(任意)云々という連絡があった。メタボの自覚に欠けるオラはパスすることにしら、面談が終了した日に(オラは忘れていた)Telがあって、今日の訪問ということになった。 で、やっぱりオラは腹周りが85.2cmでメタボなのだそーだ。上限は85cm。まぁー2ミリでもoverはoverだから…。保健士さんはとても親身になって、あれこれと食事やらストレスやらを説明してくれ、生活習慣を見直すこととなった。
▲まぁー、2ミリoverの原因は分っているのだ。この頃病院で北へ行ったり南へ来たりが多かったので、深浦には無いコンビニへ寄る回数が増えた。いつもはブラックコーヒーを買って終りなのだが、太目に、いや、ふと目に留まったので100円ぽっきりの黒糖かりんとと芋ケンピ。食ってみると、1袋の量も多くなく、美味しい。でもって、ついつい買い置きして、ポリポリと………。どーも思い当たる節はこれかと。で、この頃は控え、未だ袋のまんま手つかずで某所に置いたまんまになってる。深浦のうたごえの時期までには、あと3cmほどウエスト絞りたいもんだ。
08/09: ■今日も通院日。bunママがのしろ眼科で視野の検査、オラもついでに白内障と緑内障の目薬を貰ってきた。オラはその他に、虫か草にやられたらしく、水ぶくれが右腕にズラリンと出て、痒い。独自判断でステロイド軟膏を塗っておいたが、医者が言うには、それだと弱いのだそーで、病名も告げず、もっと強いステロイド軟膏を塗りたくって、ガーゼでいい加減に(軟膏があっちこっちに付かないようにと意味らしい…)くるんで、長時間待った割りには、さっさと診療室を追い出された。薬局で聞いたら、ストロンゲストの軟膏とか言っていた。さぞかし効くんだろうな。bunママは、久し振りの泌尿器科。
▲bunママの目の件は、異常なし!とのお言葉だし、泌尿器の方も異常なしとの診断を貰って、ニコニコ安心して帰ってきました。
08/08:
08/07:
08/06:
■今日は、bunママの歯医者で鰺ヶ沢に通院。
■今日は、能代の病院。オラの循環器科の定期通院。bunママも、消化器科。ねぶたは、なぬが日。
■秋元大工さんが来た。来年の家の修理の件。なんぼジェンコかがるんだ!
08/05: ■ジャンボ屋。今夜はねぶたの合同運行の日。bunママと駅前に出かけたが、観客が居ない。日を間違えたかと思いくらい人が居ない。まぁー、さっき岡崎公園をねぶたが出たのを確認してから出てきたので、間違いないのだが…。このように見物人も少なくなったが、参加のねぶたも少なくなって、今年はなんと4台とのことであった。深浦の少子化もここまで来たか!という感じだ。たしかに、4台を引っ張ってる子ども達の数も少ないなぁー………。
08/03:
08/02:
■今日と明日(4日)はねぶたの運行なしとの事だった。いつもは4日だけだと思っていたけど………。
■梅雨明け宣言。昨日切ったマサキの枝を軽とらで運んで行ってくれた。マサキはとにかくサッパリした。
08/01: ■今日はつかれたビーだった。なーんでか(古いか…)。3年ぶりくらいに、庭の垣根にしているマサキをカットして貰った。オラには剪定ばさみで綺麗に刈り上げるなどという芸当はできないので、誰かに頼む。しかしなかなか居ない。今回はなんとかかんとかお願いしてSaitousんに切ってもらった。思いっきり低くバッサリと。んでもって、刈り取った枝を、オラが道路脇まで運んだと………。オラホでいうとこういう手伝い人を「手子(多分こーでしょ)」=てごと呼ぶ。んだがら、今日は炎天下、ひねもす「てご」をやっていたので、日に焼けるは、疲れるはで、古稀を越えたオラとしてはグロッキーに一言でありました。
▲そうそう、今日からネブタが始まりました。オラホのネブタなかなかのできばえです。(笑)!でもなぁー、わらはんど少ねぇー。
●月見草が初めて咲いた。花っこ2つ。今年は、月見草が芽を出さなかったので心配したが、ようよう咲いてくれました。

   
07/31:
■今日はbunママの内視鏡の検査日。6:50に深浦発。8時ちょっとすぎに能代の病院着。オラも皮膚科の薬を貰うことにした。bunママはこれから緩下剤を2Lのんでお腹を綺麗にして………と結局、内視鏡はお昼頃になり、オラはひたすら病院内で時間を潰した。放免されたのは2時過ぎで、結局この日は病院デーになり、何にもできない一日になってしまった。bunママの検査の結果は、とても綺麗なお腹でポリープのポの字も見つからなかったという事でした。メデタシメデタシです。
07/29: ●草刈り後の草が乾いたので、中庭の枯れ草を集めた。けっこう楽だった。
 今回も「おさなごの新曲1」を3曲。「トマトともだちのうたともだち賛歌」 
07/28: ■今日はbunママが鰺ヶ沢の歯医者に行く日。乗り慣れない代車で7:30に出発。おろろ、乗ってみると、大して違和感はない。ただ軽自動車なので、馬力は無い。とくに坂は不得意みたいだ。軽iに乗ったので気を付けて見ていたら、軽自動車って多いですね。信号で止まった車の8割りは軽という感じだった。税金は安いし、燃費はいいし、一人で乗って歩くには(通勤とか)もってこいの車だ。軽トラとか4WDとかだと、けっこう馬力も強い。
▲帰りはイカ焼きで総菜をお買い物。家に帰って一息ついたらお昼ご飯でした。夕方には、愛車が戻ってくる予定。ちょっと高めの点検になりそーです。
07/27: ■孫ちゃんは、朝に娘1号がお迎えに来て、「楽しかった」と言って帰っていった。今日は車の点検で佐々木さんが弘前からやって来て、オラの愛車を持っていった。オラの車も10年選手で10万キロを超えたので、経年劣化があちこちだびょん。代車は「軽」。これがいろいろ面倒くさい、というか新技術というか………。エンジンはキーを操作しない。ブレーキを踏みつつダッシュのボタンを押す。(押し続けてはいけない) 交差点では、なんとエンジンがstopするんだ。ブレーキから足を離すとエンジンがON。新しい知識を持って、新しい車にチャレンジするのは、なかなか右から左とはいかないっす。ちょっと出かけて、慣れてきました。
▲今夜は、立ち話仲間のSの通夜で、会場へ。今日は2件有るのだそーで、どっちにも義理のある人は大忙しというところだ。Sさんちは仕事柄顔が広く、会場に入り切れないほどの通夜客だったので、控えめなオラは外でたむろし、通夜が始まってから廊下に控えていたが、早かった。ものの20分もやったら、喪主のあいさつで、お開きとなった、同じ宗派の仲間がやってくれる友人葬というのだそうだ。
07/26: ■今日はアカショウビンを見に行くんだと。今日もbunママ発案でオラは運転手。仲道の池まで送っていって、オラは日暮の池まで駐車のためにもどり、徒歩で仲道まで。なんと、あれほど居たカメラの砲列が無く、弘前からの人が一人さびしく「来ないなぁー」と暇そうにしていた。孫ちゃんも30分ほど居たが、あきらめて帰ってきた。途中のふらっこでモミジイチゴを見つけて、結構とって食べた。孫は初体験だそーだ。オラ達のご幼少の頃だと、ガキ大将が、食えるとか食えないとか、かぶれるとか、痛いとか、教えてくれたもんだけど………。今は爺さんが孫に教える時代???
▲saitouさんちにお邪魔して、帰りにアカショウビンの大きい写真を孫にいただいて帰ってきた。宝物にするんだそーだ。
07/25: ■今日の孫サービスは、海水浴に行きたいとのことで、海水浴です。オラんちの眼下に鎮座する大岩の付近で、海水浴をして貰うことにした。オラがご幼少の折りは、大岩から吾妻川までは砂浜で、ここで泳ぎまくったもので、大岩海岸もサザエやアワビ、海藻の採取フィールドだったのだが、ルート101のバイパス工事で深浦唯一の砂浜が埋立てられ、オラ達の幼き頃の想い出の場所は消え去り、今のワラハンドも広い砂浜で泳げなくなったのだ。
 おっと、孫ちゃんだ。浅瀬なので、岩から岩へつたい泳ぎができ、いたく気に入ったようで、海から上がった時は、腕も脚も冷え冷えだったので、乾布摩擦で一息つかせて、持っていったペットボトルの水を頭からジャーして、身体を洗って、着替えて帰ってきた。帰ってから小一時間の昼寝だったな。やっぱ、遊び(泳ぎ)疲れたんだべ。
07/24: ■今日から孫の拓人が泊まりに来る。朝7:00深浦発。8:30五所川原で拓人を乗せ、深浦まで………。途中、イカ焼き村でソルティアイスをたべただけという強行軍で、深浦に帰ってきた。その足でトマトハウスでとまとをGetし。昼飯を食べたと思ったら、ウェスパ椿山の「かぶと虫館」に行くことになってウェスパ椿山へ。前は、カブトムシを網でかこった野外の場所だったが、今年から空調の効いた室内にカブトムシと触れ合う部屋を用意して、そこで触ったりできるようになっていた。こちらの方が、管理しやすく、カブトムシも長生き出来るとの事でした。
▲コーカサスとかヘラクレスといった超大型種もホンマもんが展示してあります。大人300円。小学生200円でした。
07/23:
07/21:
■ホテル湯っこ。
■PM1:00、久し振りの十二湖倶楽部の集まり。みん心待ちにしていたのか、こぞっての参加だった。各自、これまでの近況報告に始まって、山の情報、海の情報、町の情報から、いろいろと話題が湧出。最後はオラのウクレレで歌っこを歌って、散会となった。夜はホタル観察会だ。
▲白内障の目にむち打って、bunママと十二湖まで出かけた。ホタルはお茶屋の前が定番。早めに行ったつもりだったが、倶楽部のみなさんはすでに集合して、ガヤガヤとホタルを見ていた。けっこうな数のホタル(平家だね)が舞飛び、オラもbunママも大満足。まぁー、感想としては、もう少し少人数で静かな方が風情があっていいかなと思った次第です。その後、場所を変えて日本一の星空見物。もっと地平の方まで見えるといいのだが、樹幹が邪魔して、高い角度の星しか見えんかった。でも、十二湖界隈は街灯がないから、どこでも星空観察はできそーだ。ただなぁー、一人だと、熊とかが怖いです。
07/20: ■今日はbunママのお供で能代の病院。昨日は北で今日は南と、結構忙しい日々である。まぁーこの歳になると必然というところか。病院が早めに終ったので、その足で男鹿の女川の叔母さんちへ向かった。能代からは八郎潟を抜けて1時間くらいで目的地だ。叔父さんにお線香をあげ、お茶とお菓子とお喋りを小一時間して、ツブ貝やらワカメやら梅干しやらなんやらかんやら、お土産をいっぱい貰って帰ってきた。お土産貰いにいったようなもんだだった。まぁー、叔母さんも元気そうだったし、それが何よりの訪問でした。
07/19:
07/18:
07/16:
■bunママのお供で、鰺ヶ沢の金子歯科へ。抜歯したとか。これで歯痛が治まってくれたら………
■bnbunは3週間のジャンボ屋。鰺ヶ沢の佐々木塗装屋が屋根のトタンを見てくれた。
■昨日から、久し振りの雨です。何もすることがないのでPCにずーーーと触ってました。
07/13: ■bunママのお供で能代の病院。6日から1週間目。経過はOKということで、ほっと胸をなで下ろす。
▲今日は神奈川から川井氏がお出でになり1泊。今回は十三湖のシジミ貝の取材も兼ねて、深浦高校の野球部その後の取材で深浦へ。川井さんは、「0対122の青春 深浦高校野球部」を書いた方だ。この歴史的試合は1998年夏だから、そこからずっと深浦高校の野球部の取材を続け、青森県の甲子園大会予選になると姿をみせてくれます。ここんところずーっと、我が家に宿泊して、ギターをかき鳴らし、たくさん歌って、たくさん飲んで、たくさんしゃべくって、ご機嫌で帰ります。
●今年の深浦の野球部は3人しかいないので、隣の鰺ヶ沢高校とちょっと離れた金木高校と3校合同チームだったが、くじ運悪くシードの八戸工大二と当たって、6回コールドで初戦突破ならずでした。
■そうそう、久し振りに、ほんとに5年ぶりくらいに「ゆとり」さ、川井さんと一緒に入ってきました。
07/12: ■PM1:30頃、saitouさんのお誘いで、十二湖の仲道の池に。今年初のアカショウビン観察。今年はアカショウビンの個体数が少ないらしく、あまり、あちこちで観察出来ないとのこと。仲道の池のカメラの砲列が例年になく少ない。ラッキーなことに、待つこと15分ほどでアカショウビンがお立ち台に姿を見せてくれた。遠目だったが、ダイビングで餌のモリアオガエルをくわえ、お立ち台に枝にバシバシとたたきつけ、カエルが伸びきったところで、巣に運んでいった。カメラの砲列は一斉にシャッターを切る。しーんとした中、シャッターの連写の音がシャカシャカシャカシャカと響き渡る。みなさんの望遠は大体が600mm。さすが綺麗に撮れていた。北海道から、東京、神奈川から撮影に来て、2・3週間は泊まり込みが当たり前の世界みたい。saitouさんとはすっかり顔なじみでした。
▲その後、アオーネでお茶をして、十二湖倶楽部の会長さんもお出でになって、例会の話っこがまとまり近々の集まりを約して解散となった。
07/11:
07/08:
07/07:
07/06:
07/05:
■暑い日が続く。bunママは青い鳥保育園の読み聞かせ。トマト貰ってきた。2Fの室温は31℃。
■ホテルの湯っこ。今日も十五夜の満月と土星を見た。土星の輪っかも見えた。bunママ、粉薬が効いた模様。
■山田Tが見えた。十二湖で七夕の星見会の予定だったが、家で夜空を見上げた。十四夜で空が明るい。土星が見えた。
■bunママの運転手で能代の消化器科受信。おなか具合のトンプク処方で快方とか。良かった良かった。
■bunママの運転手で五所川原の整形外科受診。その後で、菊ケ丘講演の花菖蒲を見物。見事なり!
07/04:
■今日も雨だ。先月21日に仕込んだ梅ジュースは今日で2週間目くらい。4lのペットボトルに詰め替え。手引き書には1週間とあったが、野暮用が続いて今日になった。穴あきオタマでシワシワ梅をすくって、ポリ容器のジュースをホーロー鍋で煮沸。冷ましてからペットボトルへ詰める。この作業を2個のホーロー鍋で都合2回。常温まで冷ましてから詰め替えだから、1回当り3時間。合計6時間を要した。出来は上出来。量も冷凍法の方がちょっと多い感じだ。氷砂糖も梅4.5kに4k弱くらいかな。
▲ウツボグサも咲き始め。これも少なくなった。去年の1/10くらい。今年は種をそのままにしておこう………。
07/03:
07/02:
■雨の中トマトを貰いに行ってきた。久し振りのホテルの湯っこ。ムシャリンドウがようやく咲いた。花が少ない。
■今日は秋田合唱団の定期演奏会。いつもは秋だけど、今回は夏だ。bunママも行く予定だったが、おなかの具合が良くなく、泣く泣く不参加。おけら応援団の今村さんとよし子さんと3人で9:00深浦を出発。行きは、オラが能代を過ぎ三種町のジュンサイの館まで運転した。オラとしては久し振りの遠出のドライブだ。途中、昭和のお花のレストランで昼食。やたら混んでたな。目的の秋田市民会館には13:00頃に着。駐車場(スペース)が無いかと思ったが、早めに(開演は14:00)着いたので、なんとか確保出来た。入り口のホールで仙台のスケさん達と会った。エキストラさんに聞いたら9:00出発で13:00着で、仙台も深浦も同じく遠いということだ。そうそう、Bさんにも会いました。流れ者の譜面をいただきました。どもども。
▲定演は一部が秋田合唱団の演奏。2年ぶりくらいなので、メンバーが若干変わっている感じがする。指揮者のアコせんせは相変わらずの元気な指揮ぶりで、合唱団の皆さんも素敵なハーモニィーを響かせてくれた。変わったと言えば、伴奏のギターがアンプ付になったぐらいかな。ちょっと聞こえすぎの感もあるけど。二部は、いろんな合唱団が何曲かずつ歌を披露して、三部は応援団をを加えた大人数での迫力の演奏が続き、フィンランディアで終了。会場の皆さんはアンコールを期待して拍手を続けていたが、「終りました!」のアナウンス。スケさん達にごあいさつし、合唱団の見送りを受けて、会場を後にした。
▼能代で、bunママのPCを受け取り、吉野屋で牛丼と豚丼を食べて帰ってきました。おつかれさまでした。



01/01:
■新年明けましておめでとうございます!
 昨年中はいろいろとお世話をおかけいたし、ありがとうございました。HPを始めて17年目を迎えました。酉とは書きますが、鶏です。オラ達が洟をたらしていた頃、夜明け前から時を告げる「コケッココー」がにぎやかに聞こえ、それが目覚ましみたいな生活サイクルでしたが、最近は「コケッココー」のコの字も聞こえません。ウルサイ!とかクサイ!とかで敬遠されたのか、お店で買った方が安いからなのか………。鄙には鄙のいいところがごまんと有りましたが、この頃は負の面が強調されてる感じです。とくに子育て年齢が「不便!」を主張し、かくて我が町は少子・高齢・過疎と三拍子そろい踏みの町の道をまっしぐらです。こんな負の面をトリ払い、わんつかでも活気をトリ戻す年になって欲しい思っトリます。
▲申の年、おだやかに過ごせましたでしょうか??? オラにとっては病院に通う回数がまた一段とUPした年でした。まぁー、それはそれ、今年は酉、悪いところはサル!、良いところはトリ!ということで、健康に留意し、にぎやかで楽しい一年になってほしいものです。今年も楽しいうたごえの三昧の時間を、みなさまと御一緒したいと思っています。みなさまのお力ぞえあっての「サークルおけら」です。今年もよろしくお願い申し上げます。
●● うたごえサークルおけら ●●  bunbun&bunママ

Start(2000)






























log2027 ドングリ log2026 log2025 ドングリ log2024 log2023 log2022 log2021
ドングリ log2020 log2019 ドングリ log2018 log2017 ドングリ llog2016 llog2015 ドングリ log2014
log2013 ドングリ log2012 log2011 ドングリ log2010 log2009 ドングリ log2008 log2007
ドングリ log2006 log2005 ドングリ log2004 log2003 ドングリ log2002 log2001 ドングリ log2000