小砂  おけら歌集「歌い出し/は−ほ」  小砂

は行 ひ行 ふ行 へ行 ほ行 もくじ とっぷ
=曲UP済/ =新曲UP/ =歌詞UP/ 工事中

歌い出し 演奏 曲   名 備   考
ハァー 祭りだ 祭りだ 春まつり音頭 荒木栄集
灰色の空を 青空にしよう 明日は変えよう力を協せて すずききよし集
バイオリンに合わせて おどりうた 愛唱歌13
拝啓 この手紙読んでいる 手紙
パイヤン弾きながら お前を待っている ともしび歌集
How many roads must 風に吹かれて
栄えある我等はコザック コザックの歌 ロシア飯塚135
白頭山に鶴が飛んで 畠へ行こう ともしび歌集
はぐれつばめが 大空で 孤燕(はぐれ燕) すずききよし集
激しき 雪崩の手に 山に倒れし君 愛唱歌集12
バケツに穴が 穴があいてる バケツの穴
箱根の山は 天下の険 箱根八里 おけら唱歌
橋のたもとで暮らす人 平和讃歌
はじまるよったら はじまるよ はじまるよはじまるよ
はじめてあった時に ラスト・ワルツ Req:中村さん
初めてあった 人なのに 初めまして
はじめに私が 名前を書いて 一人から一人へ Req:鉄ちゃん
走るトロイカひとつ 雪の 郵便トロイカは走る うたごえ若人
走るのだいすき タッタタッタタ はしるの大すき 幼子の伴奏譜
走るよトロイカ 渦巻く トロイカ ロシアAlbum
走れソリよ 風のように ジングルベル 幼児の音楽教育
走ろう 夕陽に向かって 夕陽に向かってpartU
バス通りの並木が 赤く 霜月の午後 うた新紹介曲
パズルのような国境線は ひとつのピース うた新06_05
はだかんぼって いいね はだかんぼっていいね
畑仕事 昼のやすみに 母の幸
畑に続く道を 黄色い ナターシャ ロシヤ・飯塚
畑のほとりの墓に ねむる 愛らしきブレーア 青年歌集6
畑よ畑 わが大地 黄金の 畑よ カチューシャ愛唱
旗の波うずまく 我が恋人 五月の恋人 1000曲集
働きぬいて 夜露をしのぎ 憲法九条五月晴れ メーデー2007
働らくものの国々が こぶし固めて 荒木栄集
働く者の涙で 世界の空 赤旗(せっき)
働く者の息子 働く者 素晴らしき明日のために
働けど働けど なお我がくらし 啄木よ(仮題) 荒木栄集
機を織る娘の 島唄に送られ 命(ぬち)どぅ宝
旗をかかげよ 赤き旗 労働者と農民の団結の歌 青年歌集4
肌を染め上げたのは 太陽と 老人と海 Req:懐かし歌声さん
八月十五日 その日の空は Again Again 歌集とまり火
八月の青空に 今もこだま ヒロシマの有る国で ツアーin秋田
鉢巻き固く 締め直し はちまき固く
初恋は胸ふるえ わが人生の歌 ロシア愛唱
発車の時には ポプラの 汽車は通り過ぎてゆく ロシヤ・飯塚
バッタ跳ねたぞ 大きなばった ばった 童謡唱歌名曲
はつ夏の風の中さくらんぼ さくらんぼ Reqおやきさん
はつ夏の風の中さくらんぼ さくらんぼ(kane) Reqうどん屋パパ
ハッピー・バースデー ハッピー・バースデー
ハッピ・バースデー・ツゥ・ユー ハッピバースデーツゥユー 幼児の音楽教育
果てしない迷路に似た 道程(みちのり) うた新2007
果てしなく続く大地 祖国の歌 青年歌集2
果てなく広がる武蔵野 組曲「砂川」 Req:lunatyさん
果てなき空のかなた キエフの鳥のうた 1000曲集
果てなき野の彼方 赤い 囚われ人 うたごえ若人
果てなく続く 緑の草原 コザックの歌 ロシアAlbum
果てもなき荒野原 果てもなき荒野原
鳩が翔び立つ 公園の 公園の手品師
鳩は 平和を運ぶ鳥 ピース・ナイン 歌集ねがい06
鳩よ飛べ たかく飛べ 鳩よ 神野和博集
花が咲いたぞ 俺の心に 真っ赤な花はみんなの意気だ 荒木栄集
花が咲いたよ 小さな庭に 胸いっぱいに 送付楽譜
花が咲いている 紫の 平和の花「紫金草」 新うたうた
花がしおれて行く日には どこにいればいいんだろう singout3
花咲く草原 畑よ森よ 大地の歌 青年歌集5
話しかけないで 別れた私たち あなたの罪 森おくじの世界
バナナがいっぽん ありました とんでったバナナ 母とおさなご新
花の色雲の影 懐かしい 巣立ちの歌 Req:紀佳さん
花の姿明るく 流れ流れ アフトンの流れ 愛唱歌集3
花のたよりを 霞にのせて 岩崎小唄 Req:七戸さん
花のように 美しく すなおなこころで Req:lunatyさん
花は風の中で 咲いている 力をひとつに メーデー1986
花びらお舟は ギッチラ ホイ 花びらお舟 母とおさなご旧
華やかな都よ 希望の都よ 今日はモスクワ 青年歌集4
花屋の店先に並んだ 世界に一つだけの花
花嫁衣装すがたの あの日の 空の星 森おくじの世界
埴生の宿も わが宿 埴生の宿 青年歌集1
母がわたしに この歌を 母が教えた歌 音楽T
母がわたしに この歌を わが母の教え給いし歌 babaレクイエム
母こそは命のいずみ 母の歌 Reqカルメンさん
羽ばたく赤旗に 守られた ピケはる娘 うたごえ広場
はばたく朝に 風を切って はばたく朝に 歌集りんごっこ
パパと 話をするとき パパは パパとぼく
母なる河ヴォルガ  母なるヴォルガを下りて ロシアAlbum
母なる大地の ふところに 大地讃頌 日うたinながの
母なる故郷よ 苔水のした 母なる故郷 日うたinながの
母なるヴォルガ行けば 母なるヴォルガ
母の胸で聞いた 子守唄 子守唄のように 歌集あおい空
パパ パパ えらいえらいパパ すてきなパパ 母とおさなご新
早い目覚めの この朝 光ある街 根っ子「はらっぱ」
はやる荒馬を 乗りこなす 草原のマーチ
バラのつぼみが 揺れて いのちの地球 神野和博集
ばらの花愛でて うぐいす うぐいすとばら ロシアAlbum
ばらよ ぼくらのばらよ ばらを植えよう メーデー1986
バラライカ、バラライカ バラライカ
春 鶯のうたう宵 ドニエプル キエフ・ワルツ カチューシャ愛唱
はるか想えば 懐かしい いとしき兄弟 りんごっこ
春が来た春が来た どこに 春が来た 母とおさなご新
はるかに君おもい 再び はるかに君おもい 青年歌集1
春風がほほえむよ 野に 春のそよ風 送付楽譜
春風にさそわれて 君も 春風にさそわれて
はるか遠く 流れるボルガ はるか遠く流れるボルガ カチューシャ愛唱
はるかな山道 あの河岸で はるかな山道 カチューシャ愛唱
はるかな豊かな希望と夢 人工衛星行進曲 荒木栄集
遥かに浮かぶ 小さな この星とともに Req:夢鈴さん
はるかに海の 見える丘 月見草の花 心のうた
はるかに地平の彼方 夕ぐれの歌 ロシヤ・飯塚
はるかに広がる大空と みどりの中で 歌集あおいそら
遥かにへだたる 面影 草笛
遥か離れた そのまた向こ 草原情歌 Req富田さん
春くれば あの日あの時 回想の譜 ブルーガイド
遥けき青空のごと 親友の歌 青年歌集2
春高楼の 花の宴 荒城の月 おけら唱歌
春すみれ咲き 春を すみれの花咲く頃
春だ春だ春だ 仲間の春だ 手と手と手と
春になるたび思い出す 谷間の虹 歌集りんごっこ
春になれば 氷(しが)こも どじょっこふなっこ
春には何の花 春に 花あそび ともしび歌集
春の朝のひかり 白樺よ さわやかな白樺 ロシヤ・飯塚
春の雨やんで 晴れた夕べ 愛する乙女よ! カチューシャ愛唱
春の鶯を さがしに行こう 裏山の四季 Req:あきらさん
春のうららの 隅田川
春の風が 運んできた なでしこの花
春の風に乗って きみのたんぽぽ Reqビーさん
春の風は 何を運ぶの エッチャンの詩 りんごっこ16
春の野原でランランラン 春のポルカ Req八王子
春の野原にそよぐ風よ 牧場の恋 歌集おたまじゃくし
春の花散る夜 ワルツが ワルツが聞こえる 森おくじの世界
春の光が 照っている 卒業生を送る歌 幼子の伴奏譜
春の日差しに 思い出す 故郷の春 千曲集
春の日の 花と輝く 春の日の花と輝く 世界愛唱歌集
春の升沢遊歩道 歩いて 船形山遊歩道の歌 Req:大久保さん
春の夢はいつか消えぬ 若き日の夢 愛唱歌12
春はおとずれて 森は 春に Wave46
春は名のみの 風の寒 早春賦
春は早うから川邊の葦に あわて床屋 喫茶828
春は 春は桜の花の下 青春万々歳 うた新紹介曲
春 春 春 春 春が近ず 春と夜明けと若者たち 荒木栄集
春 春 春 微笑む陽の光 カチューシャ愛唱
春 緑の雨が降る 一本の樹
春も過ぎて 秋とならば 老犬トレイ 青年歌集4
春山に遊ぶや 花落ちて 送別の歌 青年歌集3
春よ来い早く来い 歩きはじ 春よ来い 母とおさなご新
春を愛する人は心清き人 四季の歌
春をうたう ウグイスよ 前線にも春が来た ともしび歌集
春をさがしに 山へ 春をさがしに 歌集りんごっこ
春を知らせる黒潮は 黒潮の歌 荒木栄集
晴れた青空 日曜だ 明るい日曜日 愛唱歌集12
晴れた五月の青空に 晴れた五月
晴れた 空見上げて 空をみあげて
晴れ晴れとした秋空に 祖国の山河に 歌集おたまじゃくし
晴れ渡った 青空の下 くり返さないで 東北交流会08
晴れ渡る空を 見上げる 明日の日のために 青年歌集6
歯をくいしばり 涙を だけどいつかは すずききよし集
歯をみがきましょ しゅっしゅっ はをみがきましょ 母とおさなご旧
盤圧耐える カッペの 炭鉱の子
晩げ まんだ一人で ガラスの部屋 三浦コンサート
バンドゥーラによせ バンドゥーラによせ うたごえ歌集2
パンとパンが 言いました サンドイッチのうた 母とおさなご
パンパ指して 出かけたが 太陽は頭上に燃える 民衆のうた12
飯場、飯場と渡ってく 俺は 俺は一生流れ者
歌い出し 演奏 曲   名 備   考
Peace it's my life Peace It's My Life Req:ビーさん
燧ヶ岳映し出す 残雪の尾瀬 尾瀬 神野和博集
東シナ海前にして 一坪たりとも渡すまい
日が沈み 夜風は歌声を 祖国はよびかける あすにむかって
日が沈む 日が沈む 今日も 落日のうた 荒木栄集
東の空は赤く映えて 東京の朝の歌 1000曲集
東の空から 日が昇りゃ 青春音頭 りんごっこ13
干潟に雨ふるふる 赤い雨 園田鉄美集
ぴかぴかぴかぴか田圃の 岩手軽便鉄道の一月 うたのほん
光り輝く 地球に生まれ 大きな輪をつくれ
光さやかに ふりそそぎ 村の婚礼 青年歌集4
光と 草と水の匂いの 緑の里
光と雲に ころされた みんなの指で字をかこう 仲間のうたT
光に満ちた 朝の窓辺の机 たんぽぽはとんだ メーデー1997
光はいつも 変わらぬもの 秋の月 心のうた
光は丘の 朝霧はらい われらのドン ロシヤ・飯塚
光を探しながら 甦る明日 Music専科3
弾きましょピアノ とても すてきなピアノ 幼児の音楽教育
日暮れに若者が あたいの 誰が知ろうか 青年歌集1
ピコットさんがピコットさんが ピコットさん
日毎磯に 沖見る嫗 空しく老いぬ 青年歌集5
久しく水絶え 荒れ果て 陽の照る国 ロシアAlbum
久し振りだねぇ 君と会う ひさしぶりだね SINGOUT4
ひざっこぞう ひざっこぞう ひざっこぞうの唄 荒木栄集
膝に広げた本の上で 休憩どき 千曲集
ひずめは軽く空に 馬車夫の歌 ともしび歌集
一足でも歩こう みんなと 足音たかく 歌集てのひら
人がいなくなった 昨日 離農の歌
人が人として 住み続け 私の願い うた新紹介曲
人恋ふは 哀しきものと 平城山
人差し指で えみちゃんの つーんつん
人差し指で たたこう トントカ トンパンドン 幼子の伴奏譜
人知れぬ密林を シベリアの密林で ロシアAlbum
ひとすじの光りの中で 道化師 歌集翼ひろげて
一つァェー 木造新田の 弥三郎節 Req:市原さん
一つとや 一夜明ければ かぞえうた 幼子の伴奏譜
ひとつの歌から すべてが ひとつの歌から 日うたinながの
一つのうたごえが 苦しみ だから仲間よ 歌集あおいそら
一つの思いを 抱いて 歩きはじめる時 うたうた3
一つの露に一つの命が 人間のうた ツアーin仙台
ひとつ 冷やめし食いながら ビートルズかぞえうた 林光音楽の本
ひとつ 広島に きえた かぞえうた 園田鉄美集
一つ 二つ 三つ 四つ きくのはな 母とおさなご旧
人の温もりを 探し続けて 唄う茶屋 Req:lunatyさん
ひとの春は 子ども 食べて ひと うたのほん
人は愛に生き 平和に生きる 愛に生き平和に生きる
ひとは生きるために ひとは
人はいつも誰でも 一人で 蒼ざめた午後に すずききよし集
人はさみしいとき どうして 神野和博集
人は 空より高い心を持って 空より高く うたごえゴリ
人は誰もただ一人
人はみんな誰でも 一人 すてきな友だち
人は呼ぶ あの娘を パリの パリのお嬢さん
人々よ手を伸べて 平和を われら平和のために 青年歌集3
人みな花に 酔うときも 坊がつる讃歌 ツアーin秋田
一群のコスモスを そっとゆす コスモス
ひとりさびしく 風に 枯れたかえで ロシヤ・飯塚
一人じゃ見られない 一人の手
一人だけの願いでなく 平和と軍縮を 荒木栄集
一人だけの願いでなく 平和と軍縮を keiさんリクエスト
一人で歌うよりは ひとりで歌うよりは
ひとりでお使い とうさんの ぼくのかぞえうた 母とおさなご
一人で暮らす 若者がいた 行こうよみんなで カチューシャ愛唱
一人で苦しまないで 仲間とともに Req:はるかさん
一人で悩んで 悲しい時は 仲間と共に 歌集手のひら
ひとりの歌も歌ってきたさ   みんなのうた ツアーin秋田
一人の悲しみ 皆の悲しみ みんなが笑う日まで
一人の少女がこう言った ヒロシマ singout3
一人の願いを みんなの いのちの輝き 労音歌集
一人の兵隊が 住んで 紙の兵隊 ロシア愛唱
ひとり野道を行けば 夜雷青く ひとり野道を行けば 森おくじの世界
ひとりとひとりが うでくめば ともだち賛歌 母とおさなご新
一人が一人に 呼びかけ 仲間を呼ぶうた りんごっこ08
ひとりひとりの 力は小さい そんな町を ツアーin秋田
一人一人の 胸のうちを 気持ちピッタンコの歌
ひとり ふたり 三人いるよ 十人のインデアン 母とおさなご旧
ひとりぼっちじゃ 生きて ともだち
一人ぼっちじゃない 呼びかけあおう 歌集青い空
一人ぼっちだからじゃ無く ぼくらとみんなのうた りんごっこ19
ひとりぼっちで さみしい時 たびだちの朝
独りぼっちの 寂しさは ひとり・ぼっち 労音歌集
一人ぼっちの仲間にも 雑草(あらぐさ)の歌
ヒネマトーヴ ウマナイーム ヒネマトーヴ
陽の凍るバイカルのほとり 流浪の民 ロシアの詩
陽の照る野原に 流れ 陽の照る野原で ロシヤ・飯塚
陽は明けて 陽は暮れ 昔ながらに ロシアAlbum
響くリズム軽やかに 踊りは 春の歌 カチューシャ愛唱
ひびけ歌声高らかに 若人の行進曲 青年歌集8
ひびけ槌音 歴史きり 歴史きり開く労働者 青年歌集10
ひまわりクルクル まぁるい 太陽がいつまでも Req:ビーさん
ひまわり時計に 朝日がさして ばらのホテル 日本童謡唱歌
ひまわりひまわり 咲いて ひまわりの歌 うた・うた・うた
ひももの花に お白酒 ひなまつり 心に残るロシア
日焼けの顔 団結の誇り 主婦のうた 青年歌集3
ヒャラーリ ヒャラリコ 笛吹童子
ビュワーン ビュワーン はしる はしれちょうとっきゅう 母とおさなご
ひよこが庭で ピヨピヨピヨ ひよこ 日本童謡唱歌
ひよこがね お庭でぴょこ かわいいかくれんぼ 母とおさなご旧
ヒョッコラヒョッコラ ペンギンさん 可愛いペンギンさん 日本童謡唱歌
ひらいた ひらいた ひらいたひらいた 幼子の伴奏譜
開け行く歴史を 血に 若き親衛隊 ロシヤ・飯塚
ピリカピリカ タントシリ ピリカピリカ
昼夜燃えさかる 野火 野火は燃える ロシアAlbum
広い宇宙に 飛び出して いとおしい地球 うた新紹介曲
広い野原は 村はずれ おいライ麦よ ロシヤ・飯塚
広いヴォルガ 波間遠く ソルモヴォの抒情歌 ロシヤ・飯塚
広いモスクワの町よ 美わしモスクワ 青年歌集4
ひろがる荒野よ どこまで これがさだめか ロシヤ・飯塚
広き草原よ 緑の草原よ ポリュシカポーレ
ヒロシマが 泣いている ヒロシマが泣いている 歌集:とまり火
広島のあの夏の日 焼けた さくらよ うたごえ平和歌集
広瀬川流れる岸辺 想い出 青葉城恋唄
広々とした海 海に立つ 美しき祖国のために 青年歌集1
広々とした海 海に立つ島 祖国 青年歌集3
広々とした 海を渡れ 星と波と風と 歌集:とまり火
広々と続く 祖国の土地よ 自由をめざして Req:おやきさん
びわはやさしい 木の実 びわ 母とおさなご旧
火をつけて飛び回る 平和を守るために ロシヤ・飯塚
歌い出し 演奏 曲   名 備   考
ブーゲンビリア 花咲く ブーゲンビリア花咲くハノイよ
風りんチリチリ 鳴りまし 風鈴 Req(mintさん)
南風が唄うから こわがら 普天間の子守唄 うたごえ新聞
笛や太鼓に さそわれて 里ごころ
深き谷間 ともし火見え 深き谷間 1000曲集
吹きすさぶ 嵐に耐えた 闘いの火を 荒木栄集
吹きすさぶ 吹雪の道 吹雪 ブルーガイド
ふきのとう ふきのとう ふきのとう 歌集てのひら
吹く風青く 空の色深き 北方のうた 1000曲集
ふくらめふくらめ 風船よ 飛び立て青空へ 太陽に両手……
ふくらんだ君のポケットか 子どもたちよ
更けゆく秋の夜 旅の 旅愁
不思議なこの夜 みなし子の セーヌの花 前ともしび歌集
無事な生活求めぬ マルチュクギタラかなでりゃ 青年歌集10
富士をうたえ 怒りを歌え 進め開放の旗たかく 送付楽譜
ふたあつふたあつ なんでしょ ふたあつ
ふたつの手をにぎり合い 二つの手の想い出
二人が巡り逢って 春は幾たび 日は過ぎてゆく Req:Lunatyさん
二人で登った 野菊の丘に 野菊の丘
二人で夜店で買った しら萩のたより すずききよし集
太い手細い手日焼けの手 荒木栄集
ぶどうの葉かげにリャーナ リャーナ 青年歌集10
船出の時が来た さぁ船出の時が来た
船出のときが来た 船出のときには ロシヤ・飯塚
船出の時の わびしい胸に 遥かなるサンタルチア 1000曲集
舟漕ぐ我は鎖につながれ 囚人の歌
舟でもかいて みましょうと おさるがふねをかきました
舟は流れて行く 風香り 太湖船 愛唱歌集12
吹雪に凍える指だけど I love 憲法 I want peace 神野和博集
吹雪の尾根も 風やみて 山の四季 愛唱歌6
吹雪の中を通り抜け 友と 友よ明日また会おう
ふぶきの晩です 夜ふけです ふぶきの晩
吹雪の舞う 芦別の雪の中を 芦別の雪の中を 歌集とまり火
吹雪きの夜を歩いて来た 花をおくろう 荒木栄集
踏まれても 踏まれても 草たちのうた メーデー1988
踏みにじられた者の 大行進のうた 荒木栄集
ふもとの夏は消えないが ふもとの夏は消えないが すずききよし集
冬が来るとおいらは渡り鳥 出稼ぎの歌
冬の寒い日 森のそばを クマはなぜ冬ねむる ロシヤ・飯塚
冬は行きて春過ぎて ソルベーグの歌 青年歌集5
冬 真っ白 道はすべて 我がふるさとの四季 あおい空2
ブランコが揺れる 僕の ぶらんこの歌
プランタン プランタン リラの花 青年歌集5
ふりそそげ春の陽 花には太陽を子供らには平和を
降り続いた雨が うその 雨あがり 小鳩よ平和
ふるいアルバムめくり ありが 涙(なだ)そうそう
古い癖 捨てろ捨てろ 労働の歌 青年歌集6
古いコートを 脱ぎ捨てて 白神旅情 Req:金吾くん
古い酒場で 沢山飲んだ ろくでなし ともしび歌集
古きぼだい樹 川辺に 古きぼだい樹 ともしび歌集
ふるさと思えば 目に 母さんに
故郷にいる 子ども達の 故郷への想い りんごっこ19
ふるさとに 風は立ち ふるさとの歌 労音歌集
ふるさとに根を下ろし ふるさと(森田) 荒木栄集
故郷のうた 懐かしい歌 ふるさとのうた
ふるさとの声が聞こえる エルベ河 
故郷の島々 島人の歌声 わが想い風になり
ふるさとの土よ ふるさとの ふるさとの黒土 青森音楽教育
故郷の花開く 河岸に立ちて ドニエプルの歌 カチューシャ愛唱
故郷の故郷の 駅に降り 故郷の空の下で 矢沢歌集
ふるさとの牧場よ 山への別れ
ふるさとの街やかれ 原爆を許すまじ
ふるさとの むぎわらぎく むぎわらぎく うたごえ合唱集
ふるさとの 山のあけくれ 母(竹久)
ふるさとの山を見よ もみじ 心のうた
ふるさと ふるさと ふるさ ふるさと(岡田)
ふるさとまとめて はな一匁 はないちもんめ 母とおさなご旧
故郷よ帰っておいで ふるさとよ
故郷を見つめてみよう 故郷を見つめてみよう Req:きよちゃん
古径は 我が胸のごと 古径 ブルーガイド
ふれふれ雪よ 降り積もれ 雪とこども ブルーガイド
ぶんぶんぶん おヒゲが ぶんぶんぶん
ぶんぶんぶん はちがとぶ ぶんぶんぶん 幼子の伴奏譜
ふんわり白い雲のように 新しい仲間に Wave53
歌い出し 演奏 曲   名 備   考
ヘイ 鈴をならして ピーテル街道にそって ロシヤ・飯塚
ヘィライデ ライデライデ ヘライデ
平和エー やぐら築いて 平和音頭 青年歌集2
平和の歌を聞くときは 平和のうたを聞くときは 日うたinながの
平和のうちに生きる権利 平和に生きる権利
平和の旅へ 出かけよう 平和の旅へ 園田鉄美集
平和はまだ 幸せまだ 大いなる平和の為に 歌集てのひら
平和をわれらに 平和を 平和をわれらに
ヘーイ ラララ タンブリン へい!タンブリン 日本童謡唱歌
ヘー ドゥンドラ ドゥン 作業場の休憩 ともしび歌集
べこの子うしの子 まだらの べこの子うしの子 母とおさなご旧
ぺったんこ それ ぺったんこ もちつき 幼児の音楽教育
ベトナムの空を ただ見上 ベトナムの空
紅屋で娘の 云うこと 紅屋の娘
歌い出し 演奏 曲   名 備   考
暴虐の雲 光をおおい  ワルシャワ労働歌 Req富田さん
ほうほう ほたる来い あっち ほたるこい 母とおさなご新
ほうほう 蛍のとぶ頃は 蛍とぶ頃 童謡唱歌名曲5
ぼうや あの星みてごらん ぼうやあの星みてごらん 仲間のうたT
吠え狂うドニェプル河 広きドニエプルの嵐 ロシヤ・飯塚
ほおずきを 口にくわえ ほおずきの唄 Req:ミキちゃん
ホーラ ねんねんよ ねんねん子守唄
ぽかぽか 春がやってきた 母とおさなご旧
朗らかな娘 ドゥーニャ 渡し場のドゥーニャ ロシヤ・飯塚
僕が生まれたこの島の 島人ぬ宝
僕が死んでも泣かないで 僕が死んでも泣かないでおくれ すずききよし集
牧師が厳かに 天国を 牧師と奴隷 労音歌集
ぼくたちが欲しいのは ぼくたちが欲しいもの 神野和博集
僕たちの一人一人の若い 今日と僕らと未来のうたを
ぼくたちは ひとつぶの ひとつぶのたね Pre(藤村さん)
ぼくたちゃ 負けないぞ ぼくたちゃ負けないぞ SINGOUT1
僕たちの 生まれた星 子供たちの手紙 こどものうたごえ
ぼくの歌きいてよ君に おくりもの
僕の目に悲しみが 愛する人に すずききよし集
僕の山仲間 みんな気が揃い 僕の山仲間 愛唱歌6
僕の夢は ララララララ 幸せの気球 歌集:はぎ4
ぼくは歌うよ 名も告げずに 名も告げずに 歌って愛して
僕は帰る 君のもとへ 僕は帰る 森おくじの世界
僕は口笛吹いて 君の膝で 君のコスモス りんごっこ19
ぼくはクマの ぬいぐるみ クマのぬいぐるみ
ぼくはずんずん行くんです 鳩をとばせにいくんです Req大介くん
ぼくはほんとに 欲しいです ヘリコプター 日本童謡唱歌
僕らあの日のこと 夕張の子 Wave52
僕ら生きていること 二人 みんなで歌える前に 歌集あおい空
僕らに翼が あったなら ひろがれつばさ 平和歌集
僕らにゃ一つの仕事が 心さわぐ青春の歌
ぼくらのからだのすみっこ あそび虫のうた
ぼく等の町にも青い空が 広場とぼくらと青空と
ぼくらの町は 川っぷち ぼくらの町は川っぷち うたのひろば
ぼく等の胸に希望を ぼくらの胸に
僕らは愛のために 生き続け 愛のために人のために 歌集とまり火
僕らは青空の虹めざして走る 虹へ向かって 歌集:てのひら
僕らいつも忘れない 青い海−タイガ ロシヤ・飯塚
僕らは進むのさ 暗闇の中 青春は夜行列車 歌集:てのひら
僕らは 二人 夜は更け ぼくらは二人
僕らはみぢかい友達だっ 僕らはみぢかい友達だった ロシヤ・飯塚
僕等はみんな生きている 手のひらを太陽に
ポケットの中には ビスケット ふしぎなポケット 母とおさなご旧
ほこりにまみれて咲いた 名もない花 歌集りんごっこ
ほこりの町の 隅っこに 皆な友達 青年歌集3
星明かりの夜空 君を照ら 夜空にひびけ心のうた
星影 河面を流れて 人生、歌と共に 心に残るロシア
星かげさやかに 静かに 一日の終わり 母とおさなご旧
星かげさやかに 静かに 星かげさやかに
星かげやさしく またたく 追憶
星が遠くで光ってた 時計 二人
星が一つ 空から落ちて 六月の子守歌 歌集手のひら
星が降るあのコール 岳人のうた
星の輝きを わたしの 星のかがやきを Req流れさん
星はまたたきて 河面 ボルガのしらべ 青年歌集7
星降る夜が終り 光る朝日の中で 輝け命よ とまり火「あした」
星への旅路 門出はまじか いつの日か友よ 心に残るロシア
星も凍るような夜 大地に咲く花 バラライカ
星よお前は知っているね 星よお前は 荒木栄集
穂高よさらば また来る日まで 穂高よさらば うたごえJoy
ボタ山崩しの つるはしに ボタ山崩し すずききよし集
ぽっくりぽっくり 松ぼくり まつぼっくり 童謡唱歌名曲
ポッタン ポッタン やれ搗け 月夜の兎
ほっといて呉れ 今は一人に おれはひとりで みんなの歌
ぽっぽっぽ、鳩ぽっぽ
ほっ ほらコメディアン コメディアン ともしび歌集
穂並は揺れるよ 黄金の 収穫の歌 ツアーin仙台
ほのかに暮れる 春の夜 君よいずこ カチューシャ愛唱
ポプラ並木が ふるえていた 語りつごう戦争を うたうた3
ポプラポプラ 早く伸びて ピオネールは木を植える ロシヤ・飯塚
ほほえみをいつも 愛する二人の讃歌 歌集りんごっこ
頬にそよぐ風の ささやき そよぐ風と青い空 歌集あおい空
ほら 足元を見てごらん 未来へ 深浦のうたごえ
ほら見てごらんこっちに ユニオン列車 ともしび歌集
ほら見てよ すぐそこに 原爆を捨てれば うた新紹介曲
ほら ほらもう真夜中 マリアーナ
ヴォルガの岸辺は 今日 なつかしきヴォルガ ともしび歌集
ほろほろと 鳴く山鳥の ほろほろと
ポンチョは縦縞の四色 四色ポンチョ 歌集ほほえみ
本当に本当に 今日は ごきげんよう ともしび歌集
ほんのり赤い もみじの葉 もみじ 母とおさなご旧
一覧 小砂とっぷ